社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

【DB基礎】DML(データ操作言語)とは?

【スポンサーリンク】

データベースを扱うにはSQLが必要です。SQLはデータベースに対して命令を行い、データベースを操作・定義・制御を行います。一般的には大きく3つに分類されます。

今回はデータ操作言語(DML)について取り上げます。

DML(データ操作言語)とは?

DML(データ操作言語)とは、Data Manipulation Languageの略で、データベース、特にテーブルのデータに対して命令する言語です。例として、以下の機能を指します。

  • SELECT:検索・抽出
  • DELETE:削除
  • UPDATE:更新
  • INSERT:登録

プログラミング、特にSQLを使用すると、上記は頻繁に見かけるはずです。

例えば、SELECTはSQLで最も見かける単語ですが、このSELECTが何をしているかと言うと、データベースのテーブルに対して、データを問い合わせています。

 

小難しいのでもっと簡単に説明すると「データくれ」とテーブルに対して命令しているということです。上記で挙げたDMLが何をしているかをざっくり説明すると、

  • SELECT「データくれ」
  • DELETE「データ消せ」
  • UPDATE「データ更新しろ」
  • INSERT「データ登録しろ」

ということになります。DMLたちが命令口調で喋っているわけではないですが(むしろ人間の命令を忠実に実行してくれている)、DMLというものは、上記のような感じだということを、何となく頭の片隅に置いて頂けたらと思います。

 

「DML」という単語を覚える必要は?

DMLという単語を覚える必要があるかと言われたら、別に覚える必要はありません。開発の現場で「これはDMLだから~」とか言って知識をひけらかす人が居ますが、別に知らなかったとしても、SELECTやDELETEと言ったSQLを書ければ大丈夫です。

もちろん、知識として知っておいて損はありません。IPAの情報処理試験やDBの資格試験で問われることがありますので、その時に正しく回答出来れば良いだけです。

試験でDMLが問われると言っても、「次のSQLのうち、DMLはどれか?」みたいなレベルの設問です。

 

関連記事

www.stellacreate.com

www.stellacreate.com