社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

JR東日本が山形新幹線に新車「E8系」投入を発表

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20200303215202j:plain

JR東日本プレスリリース(2020年3月3日)

2020年3月3日、JR東日本のプレスリリースにて、山形新幹線に新車「E8系」を投入することが発表されました。東北新幹線の車両はH5系、新製造車両はE6系以来となります。

https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200303_ho01.pdf

山形新幹線の新車の情報は少なからず入って来てましたが、デザインと諸元を含めての発表は初となりました。

山形新幹線とは

E8系の前に、山形新幹線について軽くおさらいしておきます。山形新幹線は1992年、紆余曲折いろいろあって、整備新幹線ではなく「ミニ新幹線」として登場しました。1992年に山形まで開業し、1999年に新庄まで延伸開業しました。「新幹線」と名乗っていますが、厳密には奥羽本線の一部のため在来線です。

東京から福島までは東北新幹線の区間を走行し、福島からは在来線区間を走行します。福島からは米沢・山形・天童などを通り、終点の新庄駅まで続いています。もっと紹介したいですが、本題と逸れるためにこのあたりで。

E8系についての情報(2020年3月3日現在)

※本記事では筆者が気になったところを抜粋して考察を交えています。詳細はJR東日本のプレスリリースをご確認ください。

営業最高速度

  • 新幹線区間:300km/h(275km/hから25km/hアップ)
  • 在来線区間:130km/h(現状まま)

現行のE3系の275km/hに比べ、新幹線区間(東京~福島)では300km/hとなり、新幹線区間の最高速度は25km/hのスピードアップとなりました。在来線区間は現状維持の130km/hです。E5系・H5系やE6系の320km/hよりは最高速度が抑えられていますが、東北新幹線の320km/h走行区間は宇都宮~盛岡間なので、仮にE8系が頑張って320km/hで宇都宮~福島を走行しても、さほど恩恵を受けないと考えられます。

定員

  • 普通車:329名(371名から42名減少)
  • グリーン車:26名(23名から3名アップ)

編成の定員はトータルで見ると394名から355名と減少しています。普通車が42名分減少となっており、プレスリリースを眺めると以下の要因が挙げられます。

  • 先頭長が6mから9mに拡大
  • 全車両に大型荷物用のスペースを設置

E3系は11号車(東京寄り先頭車両)がグリーン車となっており、E8系では先頭長が6mから9mに拡大し客室スペースが縮小するため、先頭車にはグリーン車が設定されない可能性が高いと考えられます。先頭長拡大による先頭車の客室スペース減となると、グリーン車の定員を増やすためには、先頭車以外にグリーン車を設けるしか方法がありません。となると、普通車が先頭車に変更され、先頭長が拡大されたことによる先頭車定員の減少が定員数減の要因の一つと考えられます。

また、E8系は全車両に大型荷物用のスペースを設置します。E3系の荷物スペースは小型のもので7両中5両の設置となっており、E8系では全車両に大型荷物用スペースを設置する分、1両あたりの着席スペースは減少と考えられます

その他

その他に筆者が気になった点です。カラーは山形新幹線のE3系から継続して車体上部に「おしどりパープル」、車体色は「蔵王ビアンコ」(ビアンコはイタリア語で「白い」という意味)、帯色には「紅花イエロー」を纏っています。山形新幹線と言えば、かつてはシルバー車体に緑のラインでしたね。また、コンセントが普通車・グリーン車で全席設置となり、長距離出張のビジネスマンの需要に応えたと言えます。

 

鉄道関連記事は鉄道タグからお願いします。

www.stellacreate.com

当ブログは鉄道コムに登録しています。

色々な鉄道情報が集まっているサイトなので、是非みなさんもご覧になってみてください♪

鉄道コムリンクはこちらから↓

鉄道コム