Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

ウィング・シートを救いたい

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20201025134000j:plain

2019年10月26日にサービス開始したウィング・シート。土休日の日中帯に泉岳寺発の快特の一部で設定されていますが、サービス開始から利用者数は余り思わしくない状態が続きました。

当初は、KQuickでの購入のみで、現金による購入が出来ませんでしたが、利用促進を狙い、2020年7月18日からウィング・シートの座席指定券が現金での購入も可能となりました。ですが、やはり利用者数は余り思わしくない模様。

利用者数が絶望的なウィング・シート。どうしたらウィング・シートを救うことが出来るのでしょうか。

ウィング・シートが流行らない原因は?

まず、ウィング・シートの利用者数が少ない原因です。

  • 券売機でウィングチケットが買えない
  • 座席のグレードが変わらない
  • パッと見て分からない

個人的な見解としてはこの3つです。

 

券売機でウィングチケットが買えない

ウィング・シート登場の当初から言われていることですが、券売機でウィングチケットは変えません。KQuickはクレジットカードの登録が必要、現金購入は車内でアテンダントさんから購入です。

KQuickの場合、スマホのQRコードを見せれば、アテンダントさんがQRリーダーでピっと読み取ってくれます。登録してしまえば簡単です。しかし、登録が面倒ですし、その場でサクッと登録出来るものでもありません。

そこで、京急は現金購入と言う選択肢を提供しましたが、これはこれでちょっと難があります。実際に私もウィング・シートに現金で乗車しましたが、アテンダントさんがタブレットで発見するのに微妙に時間がかかっています。タブレットのアプリケーションもサクサク動くものでは無さそうでしたので、多くの乗客を捌くには適してない気がします。

「券売機で買えるようにして下さい」と言う人もいますが、システム改修をした費用を土休日の日中の数本しか走ってないので、システム改修費用をペイ出来るのは何年後になるかわかりません。しかもガラガラの状態ですから。

 

座席のグレードが変わらない

ウィング・シートはKQuickで300円、現金で500円です。しかし、乗れるのはウィング・シートが設定されている2号車。この2号車は特段変わったものではありません。他の2100形の車両と同じ座席です。

確かに、2100形の座席は京急だけでなく、関東圏の通勤車両の中でもグレードが高い方だと言われています。言われているのですが、隣の号車に行けば同じ座席があるのです。泉岳寺で始発を待てば、追加料金を払わなくても座れる可能性は高いです。品川から乗車しても、泉岳寺から乗車する人数が少ないので、ホームの乗車口先頭で待っていれば座れます。それをわざわざ追加料金を払って乗るという人は少ないのが現状です。

 

パッと見て分からない

ウィング・シートは2100形の2号車に設定されています。ただし、土休日の日中の走っている全ての2100形にウィング・シートが設定されているわけではありません。2号車にアテンダントさんがいて、2号車浦賀寄りドアからのみ乗車可能で、2号車泉岳寺寄りドアは入れない様になっています。

f:id:neko_britannia:20201025130145j:plain

でも、これってわかりにくいんです。京阪のプレミアムカーみたいに、車両そのものの色が違っていれば、何か違うと気が付くと思いますが、幕を張っただけでは「ん?ナニコレ?」となります。ていうか「ナニコレ?」となっている人が多いです。そして慌てて隣の車両の乗車口に移動します。そもそもウィング・シートを前提にして製造された車両ではないので、仕方ないと言えば仕方ありませんが。

 

どうすればウィング・シートを救えるか

さて、ウィング・シートを救う方法を考えて見ます。考えてみたのですが、ちょっと苦しいです。

  • 品川駅3番線発着にする
  • 全席ウィング・シートにする
  • 停車駅減らす

もうこれ、土休日版ウィング号ですね。というか、個人的にはウィング・シートは廃止でも良いんじゃないかと思っています。つまり「安楽死によってウィング・シートを救う」ということです。物は言いようですね。今の状態でたくさん広告を出して、何とかしてウィング・シートを流行らせたとしても、たぶんトラブルが多発します。それはアテンダントさんへの負担です。

 

現状はアテンダントさん1名か2名がウィング・シートにいらっしゃいますが、この状態で大勢のお客さんが詰めかけたとします。例えば20人くらいが品川でウィング・シートを利用したいと仮定すると、アテンダントさんが捌ききれないと思います。しかもタブレットの反応もイマイチです。全員を捌いていて、気がついたら蒲田ですよ。これは大変です。

じゃあ、アテンダントさん増やせば良いじゃんってなると思いますが、ただでさえ、人員不足なのにアテンダントさん増やすとなると大変ですし、増やしたところで採算取れる人数の乗客がウィング・シートを利用してくれるのかというのも疑問です。

となると、やはりウィング・シートを諦め、ウィング号みたいにした方が、まだ見込みがあるのではないかと思えてしまいます。

 

編集後記

ウィング・シートを救おうと考えましたが、無理でした。私の結論としては尊厳ある安楽死です。実態として需要が無いに等しいので、不採算な部分を切り捨てることも経営判断として必要なのではと思います。ただし、ウィング・シートのアプリケーションを導入してしまいましたし、人員配置も行ってしまっているので、早々簡単に廃止は出来ないと思いますが、ウィング・シートは見直しが必要なんじゃないかなと。

Twitterフォローもよろしくお願いします^^

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

www.stellacreate.com

www.stellacreate.com

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)