Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

撮影スポットの探し方(駅編)

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20200505154321j:plain

電車が好きで「電車を撮影してみたい」という人で、撮影スポットが分からないと考える人は多いと思います。私も実際にカメラを抱えて電車を撮影してみるまで、分からないことが多かったです。試行錯誤しつつも、撮影スポットの見つけ方や撮影方法が分かって来ました。私は駅での撮影がメインなので、どんな駅を撮影スポットにしたらいいのかを紹介します。

撮影スポットの条件

人が少ない(ターミナル駅を避ける)

通勤通学客や観光・娯楽などの乗客がたくさんいる中で撮影するのは、正直に言うと邪魔です。電車に乗って移動するという本来の目的のために交通手段を利用している人たちからすれば、撮り鉄は邪魔でしかありません。また、撮影時にはカメラのレンズ越しに車両を見ることに集中しているので注意力が散漫になります。周りに人が密集している状態だとぶつかったりすると危険です。

また人が多いと、撮り鉄先輩方の中に大声でキレる人もいます。最近で言うと、サフィール踊り子のデビューの際に、撮り鉄先輩の中に大声で「頭写ってるから邪魔じゃ!どけ!」と怒鳴っている人もいました。

f:id:neko_britannia:20200315104613j:plain

こちらはサフィール踊り子デビュー2日目に撮影した写真ですが、完全に失敗しました。人が多いので、身動きが取りにくく、この後ろでは撮り鉄が大声で怒鳴っています。

そうなると、人が少ないというのは、ほぼ大前提になります。人が少ない駅、もしくは、人が少ない場所・時間帯がある駅を選んで撮影しましょう。人が少ないと、物理的・精神的に撮影するのが楽です。

 

ホームが広い

ホームが狭いというのは、撮影どうのこうの以前の問題で、そもそも危険です。ホームが狭い駅で撮影して、足元がふらついて転落、という事態になれば、多くの人に迷惑がかかります。

ホームが広いと色々とメリットがあります。移動しやすいので、色んな角度から撮影が可能です。また、他に撮り鉄先輩がいる場合、譲るのが楽です。

と言うわけで、ホームが広い駅を選びましょう。

見通しが良い

見通しが悪い駅だと、見通しの良い場所に身を乗り出す危険性があります。「いやいや、自分はそんなことしない」と思う人がいると思いますが、それは単なる思い込みです。撮影している時は夢中になっているので、無意識にホームの柵を超えて身を乗り出しているという撮り鉄先輩は結構います。あまりにも見ていて危険なので、注意するのですが、何故か怒られる場合が多いです(「危ないですよ」と小さな声で言っているだけなのですが…)。なので、見通しが良い駅を選びましょう。

 

電車の通過速度が遅い

さて、今まではそもそも論(半分はマナーの悪い撮り鉄先輩に対する愚痴)の話でしたが、写真を撮影するのに適した観点でスポットを選んでいきます。

通過電車を撮影する時に、通過速度が速い場合、撮影が非常に難しいのです。超高性能な連写機能を有するカメラなら良いのですが、そんなものを持って居る人はそうそういません。プロのカメラマンか、趣味でカメラに何十万円もかけている人くらいでしょう。

で、そこそこのカメラで上手に(ある程度ブレてない程度に)撮影するには、通過速度が遅い駅を狙うのがベターです。私が所有している安いコンデジに辛うじて連写機能が備わっていますが、超高速で通過する車両はブレてしまいます。しかし、通過速度が遅い車両については、手ブレ補正もあって、初心者でも割とブレずに撮影出来ます。

f:id:neko_britannia:20200505155703j:plain

こちらは北総鉄道新柴又駅で撮影した京急1000形です。新柴又駅は通過速度が遅いので、撮影スキルがそんなにない私が撮影しても、そこそこ見れる写真が撮影出来ます。

地上駅or高架駅

撮影する時は地上駅か高架駅がオススメです。地下駅でも良いのですが、大半の地下駅では「人が多い」「ホームが狭い」「見通しが悪い」という条件が揃ってしまっているので、撮影に適していません。地上駅や高架駅の場合だと、撮影しやすい駅が簡単に見つかる可能性が高いです。

カーブがある

カーブがある駅だとカッコよく撮影出来る可能性が高いです(主観)。完全に急カーブの駅と言うのは余り無いと思いますが、駅の半分くらいは緩やかなカーブを描いている駅はそこそこあります。

f:id:neko_britannia:20200505222852j:plain

京成江戸川駅で撮影した京成3000形です。京成江戸川駅は緩やかなカーブを描いています。タイミング合わせて撮影しただけですが、駅の構造のお陰で、なんとなくそれっぽい写真が撮れます。

 

駅で撮影する時の注意

ここからは当たり前のことを話します。駅で撮影する時に注意すべきポイントです。撮影に夢中なって守ってない人もいますし、そもそも知らないと言う人は改めて注意して頂きたいです。また、撮り鉄先輩方も守れてない人が多いので必ず守って下さい。電車が非常停止したり、人身事故になってしまう可能性もあります。

ちょっと考えれば何が危険かと言うものは誰でも分かることですが、周囲の安全に配慮せずに撮影している撮り鉄先輩がいます。「写真を撮影している自分が好き」という潜在意識をお持ちの撮り鉄先輩や、「SNSに上げてたくさんいいねを貰う」という自己承認欲求を満たすために撮影している撮り鉄先輩がいるのは非常に悲しい事です。

 

黄色い線の内側から撮影

ホームでは黄色い線(駅によっては白線など)の内側を歩行する様に案内放送がありますが、撮影する時も同じです。また、黄色い線は点字ブロックなので、点字ブロックの上に立ち止まって撮影するのも言語道断です。点字ブロックを必要としている人がいるので、かならず黄色い線の内側から撮影して下さい。

ホームドアから身を乗り出さない

近年、安全のためにホームドア設置が進んでいます。安全のためのホームドアなのに、ホームドアから乗り出して撮影している撮り鉄先輩方が多いです。最近ですと、高輪ゲートウェイ駅の開業日に、ホームドアから身を乗り出して撮影している撮り鉄先輩が居て、警備員さんから注意を受けている光景を見て悲しくなりました。

三脚・脚立・長い棒を使わない

鉄道会社によっては駅構内で三脚・脚立・長い棒(自撮り棒等)を禁止しているところもあります。少し考えれば簡単です。

三脚が倒れてカメラが線路内に飛んで行ったらどうなるでしょうか?運行停止などが考えられますし、万が一、車両や人に当たったら完全に事故です。

脚立も同じく、バランスを崩して線路に転倒したらどうなりますか?もし電車が来ていたら?命を落とす危険性があります。

フラッシュを焚かない

空が薄暗くて映りが悪いという理由で、フラッシュを焚いているのは論外です。一度、自分に向かってフラッシュを焚いて撮影してみて下さい。まぶしいですよね?それを運転中の運転手さんが受けていると想像してみて下さい。危険ですよね?

譲り合いの精神

ぶっちゃけると、撮り鉄先輩方にはこれが一番足りてません。経験したことがある人が多いと思いますので、書かなくても分かると思います。

編集後記

撮り鉄先輩方に対しての厳しい意見になってしまいましたが、良い撮り鉄ライフを!

鉄道関連の記事はこちらのタグからお願いします。

www.stellacreate.com

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)

日付 イベント
8日(金)
9日(土)
10日(日)
11日(月)
12日(火)
13日(水)
14日(木)
15日(金)
16日(土)