Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

お花茶屋駅にお花屋さんとお茶屋さんはあるの?

【スポンサーリンク】

京成本線のお花茶屋駅。関西出身の私は、幼いころから難読駅や珍名駅に触れていたので、特に驚くこともなく、「珍しい駅名だな」くらいにしか思わなかったのです。ですが、先日、友人に「お花茶屋ってお花屋さんとお茶屋さんがいっぱいあるの?」と聞かれて、「いや知らん」と即答しました。

ここで私は一つの過ちを犯してしまいました。そう、調べなかったのです。ですが安心して下さい。私は機動戦士ガンダムUCを履修済みです。フル・フロンタルもこう言っています。

「過ちを気に病むことはない。 ただ認めて、次の糧にすればいい。 それが、大人の特権だ。」

―機動戦士ガンダムユニコーンepisode2「赤い彗星」 フル・フロンタル

というワケで、お花茶屋駅にお花屋さんとお茶屋さんがあるか調べてきました。

お花茶屋駅

スカイライナー(お花茶屋駅通過)

筆者撮影:スカイライナー(お花茶屋駅通過)

お花茶屋駅は京成本線の各駅停車のみ停車し、2面2線の相対式ホームを有する駅です。それほど特徴のある駅ではありませんが、駅の北側には商店街があり、下町風情のある地区です。駅を出て北に進むと「葛飾区郷土と天文の博物館」があり、プラネタリウムが上映されています。

駅を出て東にある大きな通りを北に行けばJR常磐線亀有駅、南に行けば京成押上線四ツ木駅があります。

なお、お花茶屋一丁目~三丁目という住所は存在しますが、お花茶屋駅はお花茶屋にありません。何故なら、お花茶屋駅の住所は東京都葛飾区宝町二丁目です。

 

お花茶屋という名前の由来

お花茶屋という地名の由来は江戸時代まで遡ります。江戸幕府8代将軍の徳川吉宗が鷹狩を行っていました。鷹狩は5代将軍の徳川綱吉の時代に禁止されていましたが、吉宗の代に鷹狩が復活しています。

さて、吉宗が鷹狩をしていたある日、鷹狩の途中でおなかが痛くなりました。いくら健康に気を遣っていた吉宗でも腹痛くらい起こる日もあり、近くにあった茶屋で休憩します。その茶屋の「お花」という娘が看病したところ、吉宗の腹痛は治りました。

吉宗はそのことに感動したのでしょうか。そのあたりの地名を「お花茶屋」と名付けました。「お花がいるお茶屋さん」ということから「お花茶屋」という命名です。

 

お花屋さんとお茶屋さんはどれくらいあるの?

地名の由来は感動的な話でした。心が洗われましたね。さて、本題です。お花茶屋駅にはお花屋さんとお茶屋さんがあるのでしょうか?早速、グーグル先生の力をお借りしましょう。

まずはお花屋さん。

お花茶屋駅付近のお花屋さん

Google Maps:お花茶屋駅付近のお花屋さん

2軒ありますね。ではお茶屋さん。

お花茶屋駅付近のお茶屋さん

Google Maps:お花茶屋駅付近のお茶屋さん

お茶屋さんがあるかちょっと不安になりましたが、1件ありました。流石グーグル先生です。ですが、実際に営業しているのか、この目で確かめないと私は気が済みません。グーグル先生を信用していますが、「信じたり疑ったりするなら自分の目で確認する」ことを信条にしています(いい事言った!)。

お花茶屋駅のお花屋さんとお茶屋さんに行ってみた

というワケで、今回はお花茶屋駅から歩いて5分圏内の場所でお花屋さんとお茶屋さんに行ってみました。何故、徒歩5分圏内かと言うと、炎天下で5分以上歩くと暑くてつらいからです。失礼、お花茶屋駅から徒歩5分圏内であれば、お花茶屋駅の駅勢圏と言えると考えたからです。

 

お花屋さん

まずは「葛飾フラワーショップ GardenRose」さん。ホームページもあります。

gardenrose.biz

オシャレなホームページです。で実際に行ってみました。

GardenRoseさん

筆者撮影:GardenRoseさん

この日は日曜日でお休みでした。残念。ホームページを見ると綺麗なお花の写真がありますね。

次に向かったのが「Hana花・ME」さん。店舗ホームページはありませんでしたが、ジャパン・フラワーネットワークのサイトに掲載されています。

www.jfn87.co.jp

で、こちらも実際に行ってみました。

Hana花・MEさん

筆者撮影:Hana花・MEさん

オシャレな感じの店舗です。ロゴもオシャレですね。

Hana花・MEさんのロゴ

筆者撮影:Hana花・MEさんのロゴ

1966年から営業しているのでしょうか。そうするとかなり老舗ですね。

 

お茶屋さん

さて、次はお茶屋さんです。お茶屋さんって関東だと浅草にたくさんありますね。関西だと京都に行けばたくさんあります。金閣寺(鹿苑寺)の敷地内に甘味処があって、そこの抹茶はおいしかったです。

話が逸れました。お花茶屋のお茶屋さんですね。「福寿園茶舗」さんです。

www.tokyo-cha.or.jp

で、実際に行ってみました。

福寿園茶舗さん

筆者撮影:福寿園茶舗さん

はい、定休日でした。不定休とのことですが、シャッターの張り紙には「月、水、金、日曜定休」と書かれていました。今度は土曜日に行ってみます。

 

番外

ここまで来て思った以上に収穫なしか…と思いながら駅に戻る道中で発見したのがタピオカミルクティーのお店。

花茶さん

筆者撮影:花茶さん

ホームページもあります。

hanacha.owst.jp

お花茶屋に「花茶」と言うのでネーミングセンスを感じます。そして、炎天下で私の体が何か冷たい甘味を所望していたため、買ってみました。

メニューはホームページをご覧になって下さい。私は花ミルクティーのMサイズをオーダーしました。尚、オーダーする時に甘さが「ひかえめ」「ふつう」「あまい」を選びます。店員さんが「甘さどうしますか?」と聞いてくれます。

花ミルクティーMサイズ

筆者撮影:花ミルクティーMサイズ

うまい。あ、ちゃんと食レポしますね。450円の花ミルクティー。甘さ普通をオーダーしましたが、個人的にはちょい甘めでしたが、炎天下で甘さを欲していたので更においしい。タピオカは大き目で柔らかく、食感が楽しいです。

編集後記

というわけで、お花茶屋駅(の周辺)にはお花屋さんとお茶屋さんがありました。「名は体を表す」と言う通りでしたね。

 

関連記事

www.stellacreate.com

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)