社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。

【スポンサーリンク】

現代京急の顔は600形から始まった

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20200616210522j:plain

筆者撮影:京急600形603編成

現在の京急車両の前面形状、いわゆる「顔」と言ったら、写真のよう顔が大半を占めています。今の京急車両の「顔」がスタートしたのは、京急600形です。鉄道各社が新車を製造する度に「顔」を変えていますが、京急は600形以降の車両で「顔」をほとんど変えない鉄道会社です(京阪や阪急なども顔はあまり変えないですね)。
さて、今回は現代京急の「顔」となった京急600形について、少しだけお話します。

3代目京急600形

f:id:neko_britannia:20200616211054j:plain

筆者撮影:京急600形604編成

京急600形は初代京急1000形を置き換える目的で、1994年に製造されました。京急600形という形式は京急で3代目となります。それまで製造されていた京急の車両からは一新したデザインの「顔」となっており、以降の京急は、この600形タイプの顔の車両が製造されます。

 

現代京急の顔

f:id:neko_britannia:20200616212806j:plain

筆者撮影:京急600形604編成

f:id:neko_britannia:20200616212838j:plain

筆者撮影:京急1500形1707編成

600形のデザインは1500形から大きく変更されました。上に用意した写真が2枚あり、見比べて下さい。いや、比べるでもなく明らかに色々違います。600形と1500形の顔の差異は、ざっと並べるとこんな感じです。

  • 前照灯が下部から上部に移動
  • 下部には尾灯と標識灯
  • 貫通扉からプラグドアに変更(1500形の下の方にある出っ張り)
  • ワイパーが見えなくなった
  • アンチクライマーを撤去
  • 全体的に丸くなった

思い切ったデザイン変更ですね。1500形はくっきりした印象ですが、600形はぼんやりとした顔になっています(筆者の主観なのであしからず)。

 

引き継がれる京急の「顔」

600形以降にデビューした2100形、2代目1000形にも新しい京急の「顔」は継承されています。

f:id:neko_britannia:20200616214115j:plain

筆者撮影:京急2100形2141編成

まずは2100形ですが、600形とほぼ同じ顔です。パッと見て異なるのは、下部の尾灯と標識灯の位置が左右逆になっている点です。600形は標識灯が寄り目ですが、2100形からは標識灯が離れています(尾灯が内側)。

f:id:neko_britannia:20200616214209j:plain

筆者撮影:京急1000形1041編成(アルミ車)

2代目1000形アルミ車も600形とはほぼ変化はありませんが、2100形と同じく、下部の尾灯と標識灯の位置が600形とは左右が逆です。

f:id:neko_britannia:20200616214309j:plain

筆者撮影:京急1000形1343編成(ステンレス車)

次に2代目1000形ステンレス車は少し差異が出てきています。クリーム色が少しすぼまっており、ワイパーがむき出しになっています。また、尾灯と標識灯が、600形・2100形・2代目1000形アルミ車と比べて大きくなっています。とは言え、顔はほとんど変わりません。

 

登場時はオールクロスシート(トリッキー機能つき)

600形は当時では珍しく、地下鉄対応車両にも関わらずオールクロスシートで登場しています。通勤車両でロングシートを鉄道各社が導入していたにも関わらず、オールクロスシートを導入する強気な姿勢は衝撃的ですが、それ以上にインパクトがあったのが、「ツイングルシート」と呼ばれる、非常にトリッキーなシートです。通常、クロスシートは二人掛けの座席が並んでいますが、「ツイングルシート」は二人掛けの座席の片方が折りたたみ収容可能という衝撃的な機能を持っていたのです(意味があるのかは不明ですが)。

4次車以降は通常のクロスシートが採用されましたが、やがて600形は改造を経て、クロスシート自体を取りやめて、現在、600形は一部の座席を除いてロングシートを採用しています。

 

青い京急

黄色い京急は以前の記事で取り上げましたが、赤い車両で有名な京急には「青い京急」も存在します。

f:id:neko_britannia:20200616220344j:plain

筆者撮影:京急600形606編成

600形の606編成は「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」(京急ブルースカイトレイン)と呼ばれています。2100形の2133編成とともに、青色の京急として京急の魅力を引き出しています。

 

編集後記

現代京急の顔として登場した600形は、2100形・2代目1000形に顔は引き継がれています。2代目1000形以降の顔が気になるところですが、基本的には今の顔が引き継がれることでしょう(主観)。

京急関連の記事はコチラ

www.stellacreate.com

鉄道関連の記事はコチラ

www.stellacreate.com

最近の鉄道情報

JR貨物、IoT機器の導入で手ブレーキ解除漏れ防止へ

三菱重工、日暮里・舎人ライナー用車両12本を受注

JR西、奈良線山城青谷駅橋上化の概要を発表

JR東が東所沢駅をリニューアル、外観は本棚をイメージしたデザインに

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)

日付 イベント
16日(火)
17日(水)
18日(木)
19日(金)
20日(土)
21日(日)
22日(月)
23日(火)  特になし

【スポンサーリンク】