社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。

【スポンサーリンク】

アクセス特急は「特急」なのに通過待ちをしてしまう

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20200623212159j:plain

筆者撮影:京成3100形3151編成

アクセス特急は北総線・成田スカイアクセス線を最速120km/h走行し、成田空港への人員輸送の一躍を担っています。オレンジのラインカラーを纏い、東京都内から千葉ニュータウンを駆け抜けて成田空港に向かうアクセス特急ですが、特急なのに「通過待ち」を行います。えっ!?なんで??

アクセス特急とは

f:id:neko_britannia:20200623214634j:plain

筆者撮影:京成3100形3152編成

アクセス特急とは、北総線と成田スカイアクセス線(京成成田空港線)を走る特急です。京成線内では特急の上位種別として快速特急とアクセス特急が存在します。快速特急は京成本線、アクセス特急は北総線・成田スカイアクセス線を走ります。

京成本線からも成田空港まで快速特急が走っていますが、成田スカイアクセス線が京成高砂と成田空港までのバイパス線のため、所要時間はアクセス特急の方が早いです。アクセス特急は快速特急と同等、もしくはそれ以上の最上位種別と言えます。そう、一般車においては。

 

「特急」なのに通過待ち

f:id:neko_britannia:20200623212846j:plain

筆者撮影:京成3100形3151編成(東松戸駅4番線から発車)

このアクセス特急、名前からして凄い速そうな感じがします。いや、実際速いのです。冒頭でも言いましたが、このアクセス特急は成田スカイアクセス線を最高速度120km/hで走行します。速いですね。京急快特と同じです。凄いですね。そして東松戸・新鎌ヶ谷・成田湯川で通過待ちをします。意味がわかりますか?特急の上位種別が通過待ちをする意味が。私は関東に在住するようになって成田スカイアクセス線を初めて利用した時、東松戸駅で特急が通過待ちを行いました。「特急」がです。意味がわかりませんでした。しかし、その直後、意味がわかりました。

 

全てにおいて優先されるスカイライナーの存在

f:id:neko_britannia:20200623214807j:plain

筆者撮影:スカイライナー

「特急なのに通過待ちをするの?」と思う方もいると思いますが、プロの京成民ならわかります。そう、特急を差し置いて通過するのはスカイライナーです。ダイヤの関係上、東松戸・新鎌ヶ谷・成田湯川の全てでスカイライナーの通過待ちをするわけではありませんが、必ず成田湯川は通過待ち(成田湯川~成田空港は単線なので対抗列車の通過待ち)です。

 

最上位種別である「特急」が通過待ちをするのは非常に珍しいです。他社で一部の快速急行とか特別快速が通過待ちをするダイヤを組んでいるのは見かけますが、それは「特急」の通過を待っています。

確かにアクセス特急は速いです。一般車の中で、という但し書きがつきます。そう、一般車を超える特急専用のスカイライナーには勝てません。スカイライナーは京成電鉄の最上位種別ですから。

特急を嘲笑うかのように風を切り裂いて颯爽と通過していくスカイライナー。関東の鉄道ファンのみならず、全国の鉄道ファンが知っているでしょう。在来線最速の160km/h走行、新幹線を彷彿とさせる流線形フォルム、全席指定の優等列車、それがスカイライナーです。

 

アクセス特急の名誉のために言いますが、アクセス特急が通過待ちを行うのは仕方がありません。スカイライナーは日暮里から成田空港を最速36分で運行するという使命を担っていますので、それを達成するためにアクセス特急がスカイライナーの通過待ちをせざるを得ないのです。そして、成田湯川から成田空港までは単線なので、複線ならアクセス特急がスカイライナーの通過待ちということにならなかったと思います。

 

編集後記

スカイライナーのために通過待ちを行うため、実質はスカイライナーが特急で、アクセス特急が急行なんじゃないか?と思います。実際に、急行と言う種別は過去にありました。今は急行と言う種別が京成線内に存在しないので、急行という種別を名乗っても良いと思いますが、「アクセス急行」はちょっとなあと個人的には思います。快速特急も快速急行にしないといけないとか、なんか色々と種別整理を行う必要がありますし、アクセス特急の方が愛着あると思いますので、そのままでいいかなと。ちょっと不思議な、通過待ちをする特急でした。

京成関連の記事はコチラ

www.stellacreate.com

鉄道関連の記事はコチラ

www.stellacreate.com

最近の鉄道情報

JR東、全天候で保守作業が可能な保線機械を導入

JR西、新型保線機械導入で在来線保線の省人化を推進

JR貨物、IoT機器の導入で手ブレーキ解除漏れ防止へ

三菱重工、日暮里・舎人ライナー用車両12本を受注

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)

日付 イベント
24日(水)
25日(木)
26日(金)
27日(土)
28日(日)
29日(月)
30日(火)
1日(水)
2日(木)  特になし
3日(金)
4日(土)

【スポンサーリンク】