社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

【鉄道小話】車内広告は阪急が始めた?

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20200816204241j:plain

電車に乗っている間、ほとんどの人はスマートフォンを触っていると思います。スマートフォンに飽きたら景色を見る人も多いと思いますが、ふと、目を上にやると、中吊り広告や壁広告が目に入って来ます。比較的新しい車両では、液晶ディスプレイの車両もあります。今回は車内広告のお話です。

車内広告の歴史

ムサシノ広告社によると、明治11年(1878年)、日本初の車内広告は「鎮嘔丹」という乗り物酔い止めの薬の広告とされています。この時は車内の窓上広告として掲載されました。当時は汽車か馬車で、どこの鉄道のどこの車内で掲載されたのかは不明です。

広告代理店と交通広告の歴史 | コラム | ムサシノ広告社

中吊り広告が登場したのは明治18年(1885年)の馬車鉄道です。ただ、どこの馬車かは不明。駅の広告は三越が明治32年(1899年)に新橋や上野の待合所に等身大の美人画のポスターを掲載したのが始まりと言われています。

 

車内広告は阪急が始めた?

電車の広告は阪急が初めて採用したという書籍が多いです。その中でも割と手軽に読める『阪急沿線の不思議と謎』(実業之日本社)という本には次の内容が書かれています(下記はちょっとかみ砕いてます)。

小林一三氏は時間を見つけては阪急に乗って乗客を観察していました。ある時、長時間乗車している乗客が手持ち無沙汰になっていることが気になり、電車の中に広告(中吊り広告)を掲載してみようと試みました。まずは宝塚歌劇団の広告から掲載してみます。宝塚歌劇団は阪急電鉄内の事業部なので自分の会社の事業部の広告を出したわけですね。

当時、「国に許可いるんちゃうか?」と危惧する社内の声を「うちの会社の宣伝をうちの電車でするのは別にええやろ」と言って、阪急の車両の中に宝塚歌劇団の広告を掲載したとのこと。結果的に宝塚歌劇団の広告は効果があったらしいく、他の企業の広告を集めて、電車内だけではなく、駅にも掲載します。

他の私鉄は「天下の鉄道会社が宣伝するのはいかがなものか」と非難しますが、阪急の広告が成功して広告収入が確実に増加していることを知ると、熱い手のひら返しで真似します。

 

【コラム】阪急の車内広告には週刊誌の広告が掲載されていません。週刊誌の広告と言うのは際どい内容が多く、目を惹く見出しが多いですが、学生や子供の目に公序良俗に触れる内容が入るのは良くないとして、週刊誌の広告は掲載していません。

 

車内広告はどこが最初?

車内広告について、あまり文献が無いので断定は出来ませんが、小林一三のアイデアで阪急の車内に広告が掲載されたのはあり得る話です。「鉄道」に掲載されたという観点で見ると、明治11年にどこかの鉄道のどこかの車両に「鎮嘔丹」が掲載されたのが初出になるかもしれません。

阪急の場合、宝塚歌劇団の広告を出したのですから、早くても宝塚歌劇団が創設された大正3年(1914年)以降となります。既に明治中期以降に車内広告が存在しています。

座右之友 - 国立国会図書館デジタルコレクション(明治27年出版)

「電車」に掲載されたのが初と主張するのであれば、阪急が初めてなのかもしれませんが、本ブログで頻繁に取り上げている京急は阪急よりも早い1899年に営業を開始していますので、阪急より早く営業した電車が阪急よりも先に広告を掲載している可能性が十分に考えられます。

 

なので、私の個人的な結論としては「よくわからんけど小林一三のアイデアは凄い」です。鉄道各社の創業以来の収支をくまなくしらべれば詳細はつかめるかもしれませんが、戦時での資料喪失も考えられますので、不可能に近いかもしれません。

 

編集後記

サクッとわかるものなのかなと思いましたが、車内広告についてはかなり詳細に調べないとわかりませんね。小林一三氏の手腕はかなり言い伝えられておりますが、その中で奇抜な話のネタが独り歩きしているものがあります(ソーライスの話なども然り)。

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)