社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

東海道新幹線のグリーン車はEXグリーン早特の「ひかり」が狙い目

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20191230083543j:plain

筆者は関東在住・関西出身なので、時々、関西方面に帰省することがあります。鉄道が好きなので、当然、新幹線を利用して関西方面に向かいます。東京から新大阪まで約2時間30分の旅路ですが、いくら新幹線が速いと言っても普通車指定席だと意外に疲れます。広い座席に、ゆったりとしたリクライニングに座って、くつろぎながら移動したいという方は多いと思います。しかしながら、グリーン車は普通車指定席よりも料金が高く、上級国民でも無い限り、なかなか手が出しにくいのが実情です。

ですが、ちょっと工夫して、通常料金より安くグリーン車に乗れるようにしています。別に裏技を使っているわけではありません。今回は、ちょっとだけ工夫すれば、誰でも東京~新大阪間で安くグリーン車に乗れる方法を紹介します。

エクスプレス予約・スマートEXを利用する

東海道新幹線を安く乗る方法はいくつかありますが、手軽かつ安く乗る方法の一つとして、ネット予約サービスの「エクスプレス予約」と「スマートEX」があります。まずはそこから簡単に解説します。

「エクスプレス予約」と「スマートEX」の違い

利用可能なサービスにほとんど差異はありません。スマートEXであれば年会費が無料ですし、所有しているクレジットカードでの決済が出来て、登録まで時間がかからないので、多くの人がスマートEXを利用していると思います。スマートEXで予約して新幹線に乗ると、少しだけ安くなります。東京~新大阪間での通常料金だと14,720円ですが、スマートEXで予約すると、200円安い14,520円になります。

エクスプレス予約は年会費が1,100円発生しますが、会員価格で新幹線を利用することが出来ます。東京~新大阪間の料金が、券売機で購入すると14,720円ですが、エクスプレス予約を利用して当日発車する4分前までに予約すれば13,620円で乗車可能です。年会費が1,100円発生しますが、新幹線を頻繁に利用する人はかなりオトクでしょう。

尚、JR東海の公式サイトに「エクスプレス予約」と「スマートEX」の違いが掲載されていますので、詳細は以下リンクを確認して下さい。

https://jr-central.co.jp/ex/point/smart-difference/

グリーン車を安く乗るには「EXグリーン早特」を使おう

EXグリーン早特を使えばグリーン車がオトク

「EXグリーン早特」とは、3日前までに予約すればグリーン車がオトクに乗れるサービスです。どれくらい安くなるかというと、東京~新大阪間でグリーン車が4,920円も安くなります。通常、東京~新大阪間でグリーン車に乗ると、19,590円ですが、EXグリーン早特を利用すれば14,670円でグリーン車に乗れます。普通車指定席を券売機で購入すると14,720円なので、EXグリーン早特を使えば普通車指定席とほぼ同額でグリーン車に乗ることが出来るのです。

f:id:neko_britannia:20200229113630j:plain

筆者作成:新幹線料金比較(東京~新神戸)

上記表が東京駅からの比較です。EXグリーン早特の適用区間である新神戸までの各券種料金を記載しています。東京~名古屋間だと普通車指定席料金に950円追加でグリーン車に乗れます。東京~新大阪なら普通車指定席とEXグリーン早特の料金はほとんど変わりませんし、新神戸までならEXグリーン早特の方が安いですね。

補足:EX早特21(エクスプレス予約・スマートEX共通)も一覧に記載しています。EX早特21は、乗車日の21日前までに予約すればオトクになるサービスです。ただし、EX早特21は制約(「のぞみ」の普通車指定席のみ・乗車駅を朝6時台or11時~15時台に出発)があり、高額な新幹線を格安で乗れるということもあって、非常に人気の商品のために予約を取ることが難しいです。また、本記事のテーマと少し逸れるので参考程度に記載しています。

EXグリーン早特で「ひかり」を狙うべき理由

「グリーン車なのにオトク!」と思う人が多いと思いますが、確かにオトクです。ただし、注意して頂きたいのが、EXグリーン早特で「のぞみ」に乗るには、乗車駅を朝6時台に出発する「のぞみ」に限定されているという点です。「えっ!早起きしないといけないの!?」と思う人もいると思います。東京・品川に来るのに逆算すると始発の人もいるかもしれません。そして、EXグリーン早特の「のぞみ」は、時期によっては一瞬で満席になります。しかし、EXグリーン早特の「ひかり」は終日対象となっています。そして意外にも、EXグリーン早特で「ひかり」は予約しやすいのです。

EXグリーン早特の「ひかり」が予約しやすい理由として、「EX早特21」の存在が挙げられます。エクスプレス予約・スマートEXともに、人気商品はEX早特21です。予約は激戦であり、事前予約をしておいてやっと乗れるというのが現状です。エクスプレス予約・スマートEXでEX早得21を利用した人は分かると思いますが、EX早特21はすぐに満席になることはザラにあります。特に週末のEX早得21は、予約可能な乗車30日前に予約しようとしても一瞬で無くなっているなんてことも普通です。東海道新幹線最速の「のぞみ」に格安で乗れるというのが非常に魅力的だという証左です。

EX早得21と「のぞみ」の人気の凄さはこれくらいにして、EXグリーン早特の「ひかり」に話を戻します。「EX早特21」という人気商品のおかげで、EXグリーン早特の「ひかり」は予約が取りやすいです。安く・早く目的地に行きたいという需要が多いからか、EXグリーン早特の「ひかり」の魅力に気が付いていない人が多いのだと筆者は勝手に思っています。東京から新大阪まで、普通車指定席の通常料金とほぼ同額でグリーン車に乗れますし、「ひかり」と言ってもそこまで乗車時間が長くなるわけではありません。「ひかり」は列車によって停車駅は異なりますが、東京~新大阪間を約3時間で移動できます。のぞみにはスピードは負けていますが、それほど急がない人には「のぞみ」も「ひかり」も大差が無いと思います。

注意すべきは「ひかり」の本数が少ない

EXグリーン早特の「ひかり」ですが、ちょっとだけデメリットがあります。というのも、東海道新幹線の「ひかり」の本数が少ないので、時間的制約を受けます。「ひかり」は1時間あたり2本しか走っておらず、「こだま」の3本よりも少ないのが現状です。なので、出張や旅行等でEXグリーン早特を利用する場合、新幹線の乗車駅には早めに着いて待機しておく方が良いです。もし遅刻して乗れなかった場合は駅員さんに問い合わせましょう。

また、早特商品の性質上仕方ないのですが、予約していた列車に乗り遅れた場合は、改めて別料金が発生する場合があり、せっかく安く乗れるのに結果的にお金がかかってしまう事態になりかねません。特に「ひかり」は本数が少ないので注意して下さい。

 

鉄道関連記事は鉄道タグからお願いします。

www.stellacreate.com

当ブログは鉄道コムに登録しています。

色々な鉄道情報が集まっているサイトなので、是非みなさんもご覧になってみてください♪

鉄道コムリンクはこちらから↓

鉄道コム