Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

何故、撮り鉄先輩はマウントを取りたがるのか

【スポンサーリンク】

撮り鉄先輩(私が勝手に名付けている残念な撮り鉄さんのこと)が非常に迷惑なので、特別な感情を込めて筆を執りました。全ての撮り鉄の方に対して申し上げているわけではないので悪しからず。

撮り鉄先輩がマウントを取るカテゴリー

  • カメラ
  • 写真の構図
  • 甲種輸送・レア車試運転
  • 営業運転初日
  • ラストラン

あくまでも主観ですので、これ以外にあれば教えて下さい。

 

カメラ

撮り鉄先輩はカメラに非常にシビアです。一眼レフじゃないと相手にしてもらえません。相手にされないのならまだいいのですが、一眼レフで撮影していない写真というのは人権が無いとまで言い放つ撮り鉄先輩もいます。何故そんなことをするのかというと、理由は簡単です。一眼レフ至上主義だからです。自分の心の中でとどめておけばいいものを、それを他人に強制します。

個人的にはカメラにこだわりが無いのでコンデジかスマホで撮影するのですが、かつてコンデジで撮った写真をSNSに上げたところ、一眼レフ至上主義の撮り鉄先輩に長文のご高説を頂きました。スマホカメラで撮影した写真なんぞ市中引き回しの刑かというレベルで罵倒されます。現地で「そんなおもちゃみたいなカメラで撮るんなら、そこ(撮影しやすいポジション)で撮る必要ないだろ。どっか行って」とまで言われたこともあります。

 

写真の構図

撮り鉄先輩は写真の構図にも非常にシビアです。「私ならこう撮るのになあ」「〇〇の時はこうしてあーして…懐かしいなあ」とか聞いてないことを延々と話してくる人はまだマシです。「その構図は論外」「(撮影)何年やってんの?え?そんなに長く撮っててそのレベルなの?」など、罵倒する言葉を並べるのは当たり前です。何故そんなことをするのかと言うと、自分の気に入った構図以外は気に入らないからです。自分以外は認めない。下らない話ですよね。

余談ですが、パンタグラフが切れている写真に厳しい意見を下さる撮り鉄先輩もいらっしゃいます。私も何度か厳しいお言葉と長時間のご高説を頂きました。非常に時間の無駄だなと思いました。

 

甲種輸送・レア車試運転

撮り鉄先輩にとって甲種輸送やレア車試運転の撮影は重大な使命です。天命と言っても過言ではありません。甲種輸送やレア車試運転の車両を撮影して、SNSにアップし、自分がいかにレアな車両を撮影したかというのを誇示します。そして、マウントを取ります。「お前らは撮影出来ないだろう?」と。

ちなみに、甲種輸送やレア車試運転はいつ行われるのか分かりません。どこからかスジを入手して(まあ大体は鉄道会社に勤めてる人からのリークだったりしますが)、昼夜問わず撮影に出かけます。個人的には次の日の仕事に影響しないか心配なのですが、撮り鉄先輩はそんなこと関係ありません。命を懸けてますからね。そもそも働いているのか心配です。学生なら学業に専念した方が良いのではと思います。まあ、金が無限に湧き出てくる方なら別に良いのですが。

 

営業運転初日

新車の営業運転初日は撮り鉄先輩にとって重大な日です。何と言っても初日ですからね。新車だと次の日も運転されるので無理に初日に行く必要が無いのですが、撮り鉄先輩は初日に撮りたいのです。最上位クラスの撮り鉄先輩になると前日泊まり込みで始発を狙います。そしてそれをSNSなどにアップしてマウントを撮ります。「誰よりも早く撮った」「一番列車を撮った」ということを誇示したいのです。

まあ、それくらいなら良いのですが、同じく撮影に来ている方に対しての愚痴をSNS上で言う方が多いです。「絶好のポジションを取っていたのに邪魔された、手や体が入った」「隣の撮り鉄がうるさい」などなど。挙句の果ては、現地で他人を傷つける様な放送禁止用語を叫んだりしています。とても成人の方の言動とは思えません。まあ、大体はSNS上で晒されてますけどね。

 

ラストラン

ラストランは撮り鉄先輩にとって重大な日です。何と言ってもラストランですから。撮り鉄先輩は重大な日が多いですね。引退した車両のラストランを逃すと、その日以降、基本的には引退車両の撮影が出来ません。車両基地の近くから頑張ったら撮影出来るかもしれませんが。で、ラストランで撮影した写真を見て余韻に浸りつつ、SNSにアップロードして、マウントを取ります。営業運転初日の行動と同じです。

まあ、冷静に考えれば、ラストランの日が決まってるのであれば、前日までに撮影済ませておけばいいのです。でも撮り鉄先輩はラストラン当日の写真を撮ってSNSにアップロードして優越感に浸りたいのです。

 

編集後記

もちろん、ルールやマナーを守っている撮り鉄さんもいらっしゃいますが、一部の撮り鉄先輩は非常に困った存在です。カメラにこだわりたい人はこだわれば良いと思いますし、一眼レフ以外を認めない至上主義者は自分の中に留めておいて頂きたいです。SNS上にレアな車両をアップロードするのも構いませんが、それでマウントを取るはナンセンスと思います。

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)