Web
Analytics

無職ゲートウェイ

社畜から無職にジョブチェンジしました


【野球】史上最強打線とは

【スポンサーリンク】

史上最強打線とは、2004年の読売ジャイアンツ(巨人)の打線のこと。日本のプロ野球史上で類を見ない破壊力を有した打線で、その影響は攻守に及んだ。

 

史上最強打線とは

史上最強打線とは、2004年の読売ジャイアンツ(巨人)の打線のことです。

まずはこちらをご覧下さい。

レギュラー
打順 選手 打率 本塁打 打点 盗塁
1(二) 仁志敏久 0.289(608-176) 28 60 3
2(左) 清水隆行 0.308(578-178) 16 60 4
3(中) タフィ・ローズ 0.287(523-150) 45 99 3
4(右) 高橋由伸 0.317(426-135) 30 79 1
5(三) 小久保裕紀 0.314(462-145) 41 96 0
6(一) ロベルト・ペタジーニ 0.290(383-111) 29 84 2
7(捕) 阿部慎之助 0.301(379-114) 33 78 0
8(遊) 二岡智宏 0.269(327-88) 9 49 0
9(投)          
主な控え選手
守備 選手 打率 本塁打 打点 盗塁
清原和博 0.228(101-23) 12 27 0
一/三 江藤智 0.227(97-22) 4 15 1
元木大介 0.240(121-29) 2 13 0

まさに各球団の四番打者を集めた豪華チームです。なんjで最強打線を選ぶ時に、ネタとしてしばしば取り上げられる打線でもあります。

仁志・清水・二岡も、過去の実績を見ると、他球団でクリーンナップを打っていても遜色ないレベルですし、阿部は後に歴代トップクラスの捕手になっています。

清原に至っては23安打のうち、本塁打が12本という、ある意味で驚異的な成績です。

チームの合計ホームランは259本で歴代最多ですが、チーム盗塁数25(プロ野球史上最少記録)という数字からわかる様に、ホームラン全振りの打線です。

ただし、ホームラン攻勢のため、各打者の打点の見栄えは物足りなく、三倍打点ニキが激怒するレベルです。

それはそうと、堀内恒夫監督が目指したスタイルは「投手を中心とした守りの野球」でした。

 

史上最恐レベルの投手陣

堀内監督が重視した投手がどうなっていたかというと、それはもう悲劇的でした。

エースの上原が13勝5敗・防御率2.60という安定した数字を残しましたが、ローテを担っていた木佐貫・工藤・林・高橋尚は防御率が崩壊。中継ぎも悲惨で抑えも不在で、上原以外の投手陣が完全に崩壊している状態でした。

チーム防御率は4.50でしたが、ヤクルト(4.70)と広島(4.75)も崩壊していたので、数字上はそれほど悪くなさそうに見えなくも無いです。

 

関連リンク

年度別成績 2004年 セントラル・リーグ | NPB.jp 日本野球機構