Web
Analytics

無職ゲートウェイ

社畜から無職にジョブチェンジしました


東中山駅がリニューアル!駅が競馬場風に!?

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20210404202831j:plain

京成の東中山駅のリニューアル工事が完了したので、さっそく見物に行って来ました。

2019年4月から内装と構内設備のリニューアル工事が実施されており、約2年間の工事を経て、東中山駅が中山競馬場っぽいデザインになって登場です。

 

東中山駅のリニューアル工事

東中山駅の工事では、東中山駅の耐震補強工事と、デザインと構内設備の改修を実施しています。

耐震補強工事は、どこの駅でも実施されていますが、デザインのリニューアルは東中山駅の独自色が見られます。

東中山駅は、京成の駅の中では、中山競馬場の最寄り駅です(中山競馬場からはJR武蔵野線・船橋法典駅が最も近い)。

東中山駅と中山競馬場を結ぶバスも整備されており、中山競馬場で開催される日には、競馬場ファンにぎわっています。

 

「世界一、馬券が売れるレース」と言われる有馬記念も中山競馬場で開催されるため、有馬記念の日は、船橋法典と東中山駅のホームが大変なことに…という経験をされた方は多いでしょう*1

また、京成杯や京成杯オータムハンデと言う、「京成」の名がついている重賞レースが開催されていることから、JRAと京成は古くからのお付き合いがあります。

そういうこともあって(?)、今回のリニューアル工事で、全体的に中山競馬場のデザインテイストに変わっています。

 

競馬場風のデザイン

というわけで、そろそろリニューアル後の駅の紹介です。

まずは改札。

f:id:neko_britannia:20210404155510j:plain

黒と木目調のテイストで仕上がっており、少し高級感が出ています。改札手前には、サラブレッドの錯視サインが新たに描かれています。

サラブレッドの名前はヒガシナカヤマ号。勝てそうですかね(不安)。

改札を入ると見えるのが、鉄蹄(てってい)です。

f:id:neko_britannia:20210404161241j:plain

これだけ見ると、「競馬場に来たな」という感覚になります(競馬ファンなら、何となくわかってくれるはず)。

というのも、この鉄蹄が飾られている部分は、競馬場のエントランスや展示コーナーで使われるデザインで、

  • 木目調
  • レンガ
  • 上からのライト
  • ふんだんに使われる造花

という、この条件が揃えば、一気に競馬場っぽい雰囲気に変わります。

 

改札から少し進むと、中山競馬場インフォメーションが。

f:id:neko_britannia:20210404162100j:plain

開催予定のレースの告知等に使われるものですね。競馬場や場外馬券場では至る所に掲載されています。

f:id:neko_britannia:20210404162427j:plain

跨線橋のところ。写真右奥には先ほどのインフォメーション、手前右側にはトイレ。

こちらはトイレ外観です。

f:id:neko_britannia:20210404162606j:plain

流石にトイレ内の撮影は諦めました。

 

編集後記

とまあ、特にトンデモなネタは無く、東中山駅らしいテイストになったリニューアル工事です。追加リニューアル工事で、発車メロディがファンファーレになったら面白いかもしれませんね。

ご意見ご感想はTwitterまで^^

twitter.com

フォローもお願いします><

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

 

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)

 

関連リンク

東中山駅のリニューアル工事が完了します(京成公式PDF)

*1:個人的な経験談だが、有馬記念の日は、本当に人の数がとんでもない。安易に行くものではない。あの混雑具合は形容しがたい。オルフェーヴルの引退レースは本当に人が多くてとんでもない目に遭った。あの時から、有馬当日ではなく、前日の中山大障害を観戦することに決めている。