Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

「京急=赤」って思ってますよね?

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20201023231818j:plain

「京急と言えば赤!」とイメージしますよね?多くの人が「京急=赤」とイメージすると思います。でも、京急が「赤」とイメージする理由って何なんでしょうか?

京急が赤いのは電車だけ

京急が「赤」というのはちょっと違います。正確には「京急は赤い電車を走らせているから赤をイメージする」です。確かに、京急は長年、赤い車両を走らせています。赤を採用した理由は、アメリカのパシフィック電鉄の影響を受けていると言われています。

 

でも実は…と言うまでもありませんが、京急のコーポレートカラーは「水色」です。公式サイトの「KEIKYU」のロゴを見て下さい。

www.keikyu.co.jp

水色ですね。コーポレートカラーの水色は三浦半島や湘南の海を連想させています。そして駅名標を見てみます。

f:id:neko_britannia:20201023221625j:plain

駅名標は濃い青を使用していますが、ラインカラーは水色です。都営浅草線の方が赤に近いですね。ここまで青系統を使用しているのに、京急をイメージする色は赤です。何故なら、車両が赤いから。そのイメージがあるので、「京急=赤」になっています。

 

他社も京急のイメージを「赤」としている

「京急=赤」とイメージさせるものが、実は車両以外にも存在します。しかし、先述した通り、京急自身は車両を赤く塗装しているだけで、他には特に赤をアピールしていません。ではどこに「京急=赤」とイメージさせるものがあるのでしょうか?それは、JR品川駅にあります。それがこちらです。

f:id:neko_britannia:20201023224650j:plain

これはJR品川駅にあるサインシステムです。少しだけ水色が入っていますが、サインシステムの配色の9割がです。もちろん、JR東日本が京急のコーポレートカラーを知らないわけではないと思います。ですが、「赤」を使った方が京急をイメージさせやすいので「赤」を使用しています。

f:id:neko_britannia:20201023225541j:plain

足元の案内も京急は赤です。

f:id:neko_britannia:20201023225618j:plain

乗り換え案内の横断幕も赤です。

f:id:neko_britannia:20201023225646j:plain

そして京急の改札機の直情にある案内は赤ではありません。京急の敷地内ですからね。

 

JR側のサインシステムや案内を見ると、特段、京急自身は拒否している様には見えません。もし京急が拒否しているのであれば、「うち、コーポレートカラー水色なので赤はやめてください。」と言えばJR東日本も水色に変更するはずです。赤を使うことでスムースに案内してくれるのであれば、京急としても歓迎なのかもしれません。

 

編集後記

かくいう私も、初めて京急に乗ろうとした時に、品川駅で赤を探しました。今も、京急に乗り換えるときは赤を探します。見つけやすいですからね。

Twitterフォローもよろしくお願いします^^

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

www.stellacreate.com

www.stellacreate.com

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)