Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

京急随一のカオスと言える京急600形608編成

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20210117142309j:plain

京急600形は京急のバルーンフェイスの始祖、通勤型車両でありながらオールクロスシート、ツイングルシートというトリッキーな機構を備えた車両として話題を呼びました。現在はオールクロスシート化され、京急線内だけではく、直通先の都営浅草線や京成線、そして成田スカイアクセス線のアクセス特急に就くなど、京急の中では優等生な感じに落ち着いています。

紆余曲折を経て、京急の中でも優等生となった600形ですが、600形4次車である608編成は一味違った歴史を歩みました。

先を見据えた京急600形4次車

京急600形608編成の話の前に、608編成が相当する4次車グループのお話から。600形4次車グループは、8両編成1本・4両編成6本の合計32両が製造されました。京急600形の4両編成は4次車グループのみ存在し、650番台が付与されています。

 

600形は実質的に1500形をなぞった機器構成になっていたので、「顔はバルーン、中身は1500形、座席はカオスなクロスシート」という状態でしたが、4次車からは次世代車両を見据えた設計が行われていました。4次車グループの機器構成は、

  • MT比の変更(3:1→1:1)
  • 主電動機出力の向上(120kW→180kW)
  • VVVFの1C4M化
  • シングルアームパンタグラフの採用(Tp車に2台搭載)

となっています(ただし、起動加速度は3.5km/h/sから3.3km/h/sに変更*1)。これは、4両・6両・8両を製造するにあたって設計変更が不要な様に機器構成になっており、これが後に製造される2100形や2代目1000形の礎となっています。

 

京急随一のカオス車両600形608編成

混在するVVVFとSIV

さて、600形4次車が先を見据えた車両として製造されましたが、600形608編成は何か様子がおかしいのです。何かと言うと、乗り心地の悪さが顕著に出ていました。1500形では円筒案内方台車を採用していましたが、600形では軸梁式台車に変えたこともあって、600形自体の乗り心地は若干イマイチ。それに加え、600形608編成の乗り心地の悪さの原因は他にありました。

突然ですが、608編成の編成表です。VVVFは4次車から1C4M化されていますが、VVVFとSIVは何故かメーカーが混在しています。

←浦賀 品川→ Muc T Tp1 Mu Ms T Tp1 Msc
車両番号 608-1 608-2 608-3 608-4 608-5 608-6 608-7 608-8
VVVF
SIV
東洋     東洋 三菱     三菱

どうしてこんなことに…

他の600形4次車ではこのようなVVVF・SIVのメーカーが混在しているという事態は発生していません。「だって8両編成が急に必要になったんだもん」ということで無理矢理くっつけた…ということは京急なら有り得るかもしれません。

 

ターゲットになる600形651編成

さて、種類の異なるVVVF・SIVを搭載した600形608編成ですが、これにはちょっと問題がありました。乗り心地問題です。更新前の京急600形608編成を覚えている古参の京急ファンなら分かると思いますが、他の車両に比べると前後衝動が顕著で、乗り心地がイマイチでした。これを解消するために、更新工事でVVVF・SIVの変更を行います。608編成では東洋と三菱のVVVF・SIVが混在している状態なので、どちらかに統一するのですが、この時にターゲットになったのが、同時期に更新工事を実施する600形651編成でした。

f:id:neko_britannia:20210117143602j:plain

600形4次車の4両編成は、編成内のVVVF・SIVが三菱か東洋で統一されていたため、608編成の三菱か東洋のどちらかのVVVF・SIVの交換対象となります。このうち、たまたま更新工事の時期が重なった600形651編成は三菱のVVVF・SIVを搭載していたため、651編成から三菱のVVVF・SIVを引っこ抜いて、600形608編成の浦賀寄り1両目・4両目に搭載されている東洋のVVVF・SIVと交換します。これで、600形608編成はVVVF・SIVが全て三菱、651編成はVVVF・SIVが東洋となり、晴れて600形608編成のVVVF・SIV混載による前後衝動問題が解決しました。

 

編集後記

600形最後の8両編成である608編成。登場時に、東洋と三菱のVVVF・SIVが混在することになったのかは京急さんに聞いてみないとわからないですし、聞いたところで答えてくれるとも思えないので、推測するしかないのですが、当初は600形4次車を、全て4両編成で製造しようとしたのではないかと考えられます。で、ギリギリになって「8両いるわ!」となって、とりあえず4両編成を2本合体させて8両編成を作ったのかなと。京急らしいと言えば京急らしいですね。

ご意見ご感想はTwitterまで^^

twitter.com

フォローもお願いします><

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

www.stellacreate.com

www.stellacreate.com

www.stellacreate.com

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)

 

*1:動力車を減らす代わりに主電動機の出力をアップし、編成あたりのパワーを3次車までと同じにしているが、動力車を減らしたことにより、特に悪天候時の空転や滑走の発生が多くなったため、起動加速度を押さえている。