Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。


京急1500形の後継車両はいったいどれ?

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20210602211213j:plain

京急1500形の後継車両は、「600形!」と考える方が多いのではないでしょうか。ですが、そう簡単にはいかないのが京急。1500形の特徴と、600形以降の特徴を比べてみると、後継車両に該当しそうな形式が見えてきます。

 

1500形の後継車両はどれ?

京急1500形の後継車両は一体どれなのか。1500形の特徴としては、

  • 4両編成・6両編成・8両編成が在籍
  • 直通可能
  • 同じ運用(ウィング号以外に就ける)

この3つが挙げられます。

600形・1000形アルミ車・1000形ステンレス車をそれぞれ比べてみます。尚、2100形は2ドア車両で、優等種別運用が主目的のため除外します。

600形は後継車両?

まず、1500形の次の形式は1994年に登場した600形です。ツイングルシートで有名です。しかし、足回りは実質1500形。3ドア車両でありながら、クロスシートで登場しており、直接的な後継車両と断定はできません。

600形は都営浅草線・京成線を直通する前提で製造されているため、シートの差異を除けば、1500形の後継車両とも言えます。

しかし、600形は中間乗降ドアを閉め切って、600形デビュー当時の2ドア車両である2000形を代替する運用も想定されていたことがあり、1500形とは異なった運用も想定されています。

また、600形改造後は1500形の運用とほぼ同じですが、600形に6両編成が無いので、ちょっと惜しい。

 

もしかして1000形アルミ車が後継車両?

次に1000形アルミ車。2100形の次に製造された車両で、登場時はドレミファインバータ搭載車両として有名でした。

1000形アルミ車は、機器構成が2100形とほぼ同じで、実質的には2100形の3ドアバージョンですが、直通可能な条件を満たしています。1500形と同じくロングシートなので、どの種別でもOK。

しかし、600形同様、4両編成・8両編成と2種類の編成のみなので、ちょっと惜しい。

まさか1000形ステンレス車が後継車両?

「じゃあもう1000形ステンレス車ないじゃん!」と思いますが、私もそう思います。

3ドアロングシート、直通可能、4両編成・6両編成・8両編成が在籍となっており、1500形と同じ運用に就けます。なので、1500形の特徴をほぼ満たしています。

ちょっとだけ違うのは、1000形1800番台と1000形1890番台。4両編成を2本連結して、直通可能になる機構を備えているので、1500形には出来ない芸当です。また、1890番台はL/Cカー機構を有し、ウィング号の運用にも就けるので、これも1500形には出来ません。かろうじて、中央貫通扉という共通点はありますが。

1500形の後継車両は1000形ステンレス車だった…?

600形・1000形アルミ車・1000形ステンレス車を簡単に比べてみると、1500形の後継車両は1000形ステンレス車が妥当と考えられます。

ただ、6両編成の運用がエアポート急行と普通のみに限られるので、エアポート急行と普通の運用に就ける600形も後継と言えば後継です(600形エアポート急行は8連、普通の4連ですが)。

また、1500形の置き換えを1000形ステンレス車で実施するので、実質的に1000形ステンレス車が1500形の後継車両と言っているようなものでしょう。

 

編集後記

1500形の置き換えは全て1000形になってしまうのでは…?

ご意見ご感想はTwitterまで^^

twitter.com

フォローもお願いします><

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

www.stellacreate.com

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)