Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

トプナンの悲劇!?直通できない京急1000形1001編成

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20201118205433j:plain

2代目京急1000形。2020年現在も製造が続いており、京急最大勢力の車両数を誇ります。ステンレス車両の1000形6次車から色々とネタ的に取り上げられていますが、運用範囲が広く、京急線内だけでなく、直通先の都営浅草線や京成線、そして成田スカイアクセス線で活躍しています。

京急1000形は2002年から製造され、登場から15年経過した2017年から、順次、更新工事が行われました。しかし、京急1000形のトップナンバー1001編成は、更新工事の結果、ある悲劇が起こりました。

京急1000形の更新工事

京急は製造後15年経過した車両について、更新工事を実施しています。2017年、1000形も例によって、1000形1001編成から順次、1000形アルミ車両の更新工事を実施しました。1000形アルミ車両の主な更新内容について、パッと見て分かるものは、

  • 内装機材の交換(化粧板・床・ドア・貫通扉などの取り換え)
  • 車内案内表示器をLCD化
  • 非常用ハシゴと消火器の格納
  • 電球→LED交換(室内灯・運転台計器・前照灯・標識灯・尾灯など)
  • フルカラーLED導入(種別&行先表示器)
  • けいきゅんステッカー貼り付け
  • 床下機器更新(VVVFなど)

などなど。細かいところはもっとありますが、ここでは割愛します。そして鉄道ファン的に気になったのは、「VVVFインバータ交換」でしょう。シーメンスGTO-VVVFインバータ、いわゆるドレミファインバータの交換が1000形アルミ車両でも始まったのです。

尚、2100形では既にドレミファインバータから東洋製IGBT-VVVFインバータに交換されています。京急1000形の更新は、歌う電車の消滅がいよいよ迫って来たと実感させる出来事でもありました。

 

1000形1001編成が更新!その結果…

さて、2017年に更新された1001編成は更新工事を経て運用に復帰しました。その結果、京急線内から出ることが出来ない状態になりました。

更新した結果直通出来なくなった

どういうことでしょうか。いや、どういうことも何も、更新した機器に問題があり、直通先の都営浅草線と京成線に入れなくなったのです。更新前の1001編成は都営浅草線と京成線の直通運用にも就いてましたが、更新後には直通運用に就いていません。この原因は、更新工事で採用したVVVFインバータと言われています。

 

原因は誘導障害?

ドレミファインバータで有名なシーメンスGTO-VVVFインバータから、フルSiC素子のVVVFインバータを採用した1001編成ですが、このフルSiC素子VVVFインバータが誘導障害を引き起こしているのではないか?と言われています(既に1000形16次車でフルSiC素子VVVFインバータを導入して、直通運転が出来ないことが分かっていたはずなのに、何故か同じことを繰り返しているのは一体…)。

 

そして直通先の都営浅草線5500形でもフルSiC素子のVVVFインバータが採用。ですが、都営浅草線5500形はフルSiC素子VVVFインバータを導入した結果、試運転時に問題が発生したためか、2017年に製造され、2017年12月9日に都営フェスタで登場したにも関わらず、運用開始は2018年6月末です。5500形もフルSiC素子VVVFインバータによる誘導障害が発生したことによって機器調整を実施したのでは?と言われています。

尚、フルSiC素子VVVFインバータを採用した1000形16次車は、都営浅草線と京成線に乗り入れできない状態が続いていましたが、2020年5月に直通可能になっています。

「誘導障害が原因」というのは東京都交通局から発表されたわけではありません。当時「恐らく誘導障害だろう」という情報が出回っていました。そして2020年現在も「恐らく誘導障害だろう」という推測。真相は闇の中…にしてはいけないと思うんですけどね。

 

1009編成からIGBT-VVVFインバータを導入

そんなわけで、京急1000形1001編成は頭を抱えます。いや、京急の中の人が頭を抱えます。せっかく機器更新したのに、直通出来ずに品川折り返しとなると、見た目1000形の中身2000形を増やしただけになります。ぶっちゃけるとお荷物状態。

そこで、2100形でも(泉岳寺までだけど)実績のあるIGBT-VVVFインバータを1009編成から使用することになりました。1009編成も更新後にしばらく京急線内で過ごす日々でしたが、1009編成は無事に直通出来ています。その後の1000形の更新工事では、東洋・三菱・シーメンスのIGBTでVVVFインバータを更新することになります。めでたしめでたし。やったね。

そして未だに京急線内にとどまる1001編成

いや、めでたくありません。1001編成は未だに京急線内の運用に限定されています。泉岳寺にも入れません。羽田~京急蒲田~横浜以南のエアポート急行か、品川発着の運用で頑張っていますが、フルSiC素子VVVFインバータにチャレンジした結果、京急線内にとどまることになっています。

8両編成のため、ポテンシャルとしては成田空港~三崎口までの超長距離の運用に就けるはずなのに、機器更新の結果、京急線内という(超過密ダイヤの中で超加減速を求められる)鳥籠に捕らわれてしまいました。

 

ただし、他の京急1000形でフルSiC素子VVVFインバータを採用している編成は直通しています。アルミ車とステンレス車でそれぞれIGBT-VVVFインバータとフルSiC素子VVVFインバータの編成が存在しますが、直通可否の組み合わせとしては以下となっています。

  • 1000形アルミ車+IGBT-VVVFインバータ→直通できる
  • 1000形アルミ車+フルSiC素子VVVFインバータ→直通出来ない
  • 1000形ステンレス車+IGBT-VVVFインバータ→直通できる
  • 1000形ステンレス車+フルSiC素子VVVFインバータ→直通できる

あくまでも推測ですが、考えられる要因としては、フルSiC素子VVVFインバータと1000形アルミ車の機器の組み合わせによって、直通を妨げている可能性があります。そのため、1009編成以降ではIGBT-VVVFに切り替えることで対応したのであれば、1009編成以降のIGBT-VVVFによる更新は合点がいきます。

 

編集後記

更新工事で京急の特徴であるドレミファインバーターという歌声が奪われただけでなく、運用範囲まで奪われてしまった1001編成。シーメンスが撤退してしまっているので、ドレミファインバーターは仕方がありませんが、以前の様に、都営浅草線や京成線、そして成田スカイアクセス線を駆け抜けることが出来る日は来るのでしょうか。

追記:誤字を修正しました。

Twitterフォローもよろしくお願いします^^

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

www.stellacreate.com

www.stellacreate.com

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)