Web
Analytics

無職ゲートウェイ

社畜から無職にジョブチェンジしました


京急1000形は永遠に製造されてしまうのか?


 

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20210414205657j:plain

2002年に登場した2代目京急1000形。製造開始から19年経過していますが、毎年コンスタントに増備を続けています。そんな京急1000形、いつまで製造され続けるのでしょうか?

 

形式が変わるポイント

京急1000形が今現在も製造され続けていますが(こんな記事を書くと、アッサリ新形式が出てきそうですが)、まずは1500形以降で新形式が出て来たポイントをおさらいしてみます。尚、当サイトの推測であって、京急の公式見解ではありません。あらかじめご了承下さい。

1500形→600形

まずは1500形と600形の差異を見てみます。

1500形は3ドアロングシートと、通勤車両のお手本の様な仕様です。1985年~1986年製造のグループは普通鋼車両ですが、1987年製造以降の1500形はアルミ車両です。このことから、「車体の材質を変更する程度では形式は変えないぞ」ということがわかります。また、製造途中で界磁チョッパからVVVFに変更していますが、「制御方式を変えたくらいでは形式は変えないぞ」という強い意志が見られます。

600形は3ドアクロスシートという、ツイングルシートを引っさげて登場しています。また、バルーンフェイスを初めて採用しています。このことから、1500形から600形に形式変更に伴う特徴的なポイントとしては、シートの差異(ロングシート or クロスシート)が挙げられます。

顔の差異(600形からバルーンフェイス採用)もポイントとして挙げられますが、1000形1800番台の項で後述の通り、形式変更のポイントとは考えにくいです。

 

600形→2100形

次に600形と2100形の差異です。簡単に言えば、そもそも別物ということです。

2100形は京急伝統の2ドアクロスシート車両で、通勤車両としても活躍していますが、三崎口方面への観光輸送を含みます。他の3ドア車両は通勤&直通のため、2100形と3ドア車両では運用目的が異なります。

2ドアクロスシート車両の2000形を置き換えるという目的で製造されたので、車両形式は600形の後継ではなく、2000形の後継の意味も含めて、2100形が採番されています*1

 

2100形→1000形

2100形と1000形の差異も、600形と2100形の差異と同じ理由です。

先述しましたが、2ドアクロスシート車両の2100形は、3ドアロングシート車両と運用目的が異なります。1000形5次車までは実質的に2100形の3ドア仕様で、6次車以降は京急初のステンレス車両を採用しています。

アルミ車両からステンレス車両に切り替えた時点で別形式ではないのか?と思いますが、1500形でも普通鋼車両からアルミ車両に車体材質を変更しているにも関わらず、形式は変えていません。

先述しましたが、「車体の材質を変更する程度では形式は変えないぞ」ということです。他にも色々と車内構造や機器類の変更等もありますが、1500形や600形の例に倣って、そんなことで変更はしません。

 

1000形1800番台はどうなのか?

1000形15次車から登場した中央貫通扉を備えている1000形1800番台。顔が大きく変わったので、1500形→600形みたいに形式が変更されてもおかしくありませんが、形式は1000形のままです。

つまり、「顔を変えたくらいでは形式は変えないぞ」というジブラルタル・ロックの様な確固たる意志が見られます。という事は、1500形→600形の形式変更のポイントは、ロングシートからクロスシート(ツイングルシート)に変わった点であって、バルーンフェイス採用というポイントは除外されます。

 

つまるところ、1000形はいつまで製造されるのか?

はい、本題です。1000形がいつまで製造されるのか、という話でしたね。私も忘れかけていました。

歴史を辿ってみると、形式が変更されるポイントとしては2点です。

  • ロングシート or クロスシート
  • 運用目的

このことを踏まえて考えると、1500形と600形を2代目1000形で置き換えることによって、2100形の置き換えまで新形式は温存され、2代目1000形を3代目1000形で置き換えてしまう可能性もあります。つまり、永遠に1000形が製造される可能性がある、と考えられます。

  • 1500形←2代目1000形で置き換え
  • 600形←2代目1000形で置き換え
  • 2100形←新形式で置き換え
  • 2代目1000形←3代目1000形で置き換え???

もしかしたら、上記の様なことになるかもしれません。

「いやいや、L/Cカー標準にした新形式を製造するのでは?」と思いますが、既に1890番台は1000形と名乗っているため、恐らく1000形で作り続けると考えられます(こんなこと書くと新形式でL/Cカーが出てきそうですが)

1000形の車番枯渇問題は何とかなりそうなので、1000形を作り続けても車番的には困りません。1500形を1000形で置き換えれば、1500形1700番台と1900番台をハイフン付けて使えますからね。

 

編集後記

果たして京急で新形式は製造させるのでしょうか…?

ご意見ご感想はTwitterまで^^

twitter.com

フォローもお願いします><

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

www.stellacreate.com

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)

 

*1:21世紀と言う意味も込められている。