Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。


京急1000形1890番台、イベント列車を運行

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20210425163923j:plain

京急1000形1890番台(20次車)は、2021年4月24日に初めて運行しました。

展示会は4月17日に開催されていますが、その時は品川駅3番線に停車している状態でした。営業運転は未だですが、乗客を乗せて運行するのは、4月24日の試乗会イベントで初となります。

本記事の写真及び本文については例外なく転載禁止とします。

 

イベント送り込み回送

f:id:neko_britannia:20210425164019j:plain

試乗会で登場したのは1892編成。91Cでの品川送り込み回送です。新車なのでやはりピカピカですね。

形式番号にスリットが入っているのは、17次車以降でのデフォルト。アルミ車でワイパーカバーの形式番号部分をスリット打ち抜きしていた名残を、17次車で復活させ、20次車にも受け継がれています。

f:id:neko_britannia:20210425164820j:plain

別アングルの拡大写真です。向かって左側に編成番号のプレート、右側が形式番号です。形式番号のスリットは本来の役割を果たしていませんが、デザインにこだわりが見られます。こうやって見ると、編成番号のプレートがちょっと寂しい気もします。

f:id:neko_britannia:20210425165207j:plain

後ろ側から。標識灯と尾灯が一体化している部分と編成番号のプレート以外は、ほぼ見慣れたご尊顔です。

 

試乗会運行

残念ながら私は試乗会に当選していないので、車内の写真はありません。ですが、走っている分は撮影出来ました。

f:id:neko_britannia:20210425171831j:plain

99Cでの運用。種別は貸し切り、行先はけいきゅんと「KEIKYU」の文字が。運番表示器と種別表示器が一体化しています。

f:id:neko_britannia:20210425170054j:plain

1801編成の運番・種別・行先表示器と比べてみると一目瞭然でしょう。

f:id:neko_britannia:20210425170257j:plain

従来、3種類のLEDにしていたのを、1種類のフルカラーLEDを左右に設置にして、部品数を減らしたのでしょうか。1点あたりの部品単価は高いと思いますが、予備部品のことを考慮すると、スペアがどちらにも使えると言うのは大きいと思います。

 

編集後記

行先表示器のけいきゅんが鮮やかに再現されていましたね。ちなみに、北品川で撮影しましたが、そんなに人は居ませんでした。91Cの送り込み回送は8:09ごろ北品川通過、99Cの貸し切りは9:35ごろ北品川通過です。

あと、99C貸し切りが来る3本くらい前から、踏切の撮り鉄先輩に対してめちゃくちゃ警笛鳴らしてた&車もクラクション鳴らしていたので、出来ればルール守って撮影して頂きたいです。あのあたりの踏切、かなり危険なので。

ご意見ご感想はTwitterまで^^

twitter.com

フォローもお願いします><

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

 

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)