社畜ゲートウェイ

鉄道が好きな社畜が綴る(時々勧誘撃退を生業としています)

【スポンサーリンク】

【有料特急】京阪電車のプレミアムカーはその名の通りプレミアムだった

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20200103195645j:plain

2019年末、関西に帰省した時に、以前から気になっていた京阪電車のプレミアムカーに乗車して来ました。

プレミアムカーとは?

2017年に京阪電車の8000系に導入された有料座席指定特別車両です。

www.keihan.co.jp

8000系はエレガント・サルーンの愛称でファンや利用者に親しまれている、京阪の特急専用車両です。ワンランク上の上質な車両を提供するため、2017年以降、8000系の6号車を順次改造しています。公式サイトでは、

「風流の今様」というコンセプトを継承し、京阪電車のDNAをまっすぐに受け継いだ、現代的な「プレミアムカー」

引用:プレミアムカーについて|京阪電車 <座席指定>特別車両 PREMIUM CAR|京阪電気鉄道株式会社

と解説があります。

京阪の特急は無料で乗車出来ますが、6号車のプレミアムカーだけは有料です。乗車前にインターネット予約(乗車14日前の午前10時から)か特急停車駅のプレミアムカー券売り場で購入してから乗車可能になります。ちなみにプレミアムカー券売り場で購入したプレミアムカー券はこちら。

f:id:neko_britannia:20200103210702j:plain

筆者は淀屋橋で購入。さて、プレミアムカー券を購入したのでいざ乗車してみます。

 

プレミアムカー乗車

プレミアムカー外観

f:id:neko_britannia:20200103195800j:plain

プレミアムカーの外観は京阪のイメージカラーである赤をベースに、金色のデザインが施されています。乗車扉は、豪華な京風の障子と言ったところでしょうか。金色の濃淡の市松模様です。側面は赤がベースで金色のラインが入っています。乗車前から気品のある荘厳な雰囲気を漂わせます。

f:id:neko_britannia:20200103200205j:plain

こちらは行き先表示フルカラーLEDです。窓枠内に収まっていますね。

プレミアムカーの内観

さて、プレミアムカーの豪華な乗車扉をくぐり、車内に入ると、これまた気品のある内装です。

f:id:neko_britannia:20200103200028j:plain

ダークグレーを基調とした扉の内装に金色のアクセントが上品な感じを表現しています。扉窓も半円形で、京都の歴史的建築物によく見られる窓を表現していますね。

f:id:neko_britannia:20200103200151j:plain

隣の小窓はこんな感じです。半円形の扉窓と小窓。どちらも京都の歴史的建築に用いられている技法です。この半円形の扉窓と小窓が絶妙です。半円形の扉窓は書院造の丸窓、そこに茶室に使われそうな小窓のアクセントがあります。「プレミアム」と銘打って豪華絢爛と思いきや、少しだけ外界の光を取り込んで内装を際立たせると言った、隠れ家的な気品を備えていると筆者は感銘を受けました。

f:id:neko_britannia:20200103195939j:plain

こちらは仕切り部分ですね。障子を表現した様なデザイン。少し透けています。

f:id:neko_britannia:20200103195812j:plain

そしてプレミアムカー車内の座席部分です。阪急9000系・9300系の様な間接照明を演出しています。間接照明は高級感が出ますね。そして座席の着席面は高級感のある黒を基調にしています。

f:id:neko_britannia:20200103195908j:plain

座席部の乗車扉側・左上部にトレインチャンネル(車内デジタルサイネージ)があります。運行情報や行き先が表示されています。

プレミアムカーの座席

残念ながらプレミアムカーの座席は取り損ねました…座席は柔らかいです。阪急の座席と勝るとも劣らないレベルの柔らかさです。ただ、筆者の所感として、阪急の場合は全車両の座席が柔らかいので、軍配は阪急に上がります。

さて、プレミアムカーに話を戻します。

f:id:neko_britannia:20200103195944j:plain

着席すると前の座席の背面が写真の様になっています。新幹線を髣髴とさせる白いモケットです。大型テーブルも備え付けられており、大阪の淀屋橋・京橋から京都の出町柳までゆったりと過ごせそうです。

f:id:neko_britannia:20200103200146j:plain

座席下部はドリンクホルダーとネットがあります。筆者が新幹線に慣れてしまっているのか、それほど特筆するようなことは感じませんでした。

f:id:neko_britannia:20200103200034j:plain

大型テーブルとパンフレットです。大型テーブルはパソコンが置けるくらいの大きさです。パンフレットはプラスチック製です。こういうパンフレットって紙製のものが多いですが、流石はプレミアムカーですね。

f:id:neko_britannia:20200103200147j:plain

右側のひじ掛けにはコンセントが備え付けられています。電車に乗って仕事をする人や携帯電話・スマートフォンを充電したい人向けです。

f:id:neko_britannia:20200103200015j:plain

座席から見た床部分です。竹(?)をイメージした通路と枯山水をイメージしたマットですね。ザ・京都というデザインです。

 

プレミアムカーのサービス

無料Wi-Fiサービス

プレミアムカーでは「KEIHAN FREE Wi-Fi」という無料Wi-Fiサービスが利用可能です。実際に使用してみましたが、割とサクサクと動きました。

車内販売

プレミアムカーでは車内でグッズを販売しています。先述したプラスチックのパンフレットに記載されている内容が公式サイトにもあります。パンフレットのグッズはプレミアムカー車内限定のグッズなので、プレミアムカーに乗車された方は、ちょっとしたお土産にも良いかもしれません。値段もプレミアムですが。

www.keihan.co.jp

尚、プレミアムカーグッズは京阪グループ各所で販売しています。詳しくは以下リンクを参照してください。

www.keihan.co.jp

無料サービスのブランケット貸出

プレミアムカーでは飛行機や新幹線のグリーン車と同様に、ブランケットのサービスが受けられます。許可を頂いてブランケットを撮影させて頂きました。アテンダントさん、ありがとうございました。

f:id:neko_britannia:20200103200019j:plain

ちなみに、ブランケットはe-knetから購入できます。もちろん、お値段もプレミアムです。

www.e-kenetmarket.net

編集後記:プレミアムカーはプレミアムだった

筆者は淀屋橋から枚方までの短いプレミアムカー体験でしたが、かなり優雅な時間を体験することが出来ました。内装は京都の上品さ・優雅さを表現しており、サービスも飛行機や新幹線のグリーン車レベルと言っても過言では無いと思います。淀屋橋から枚方までは400円プラスしてプレミアムカーに乗れました。みなさんも機会があれば是非プレミアムカーに乗ってプレミアムなひと時を体験してみてください。最後に料金表のリンクを載せておきます。

www.keihan.co.jp

 

鉄道関連記事は鉄道タグからお願いします。

www.stellacreate.com

当ブログは鉄道コムに登録しています。

色々な鉄道情報が集まっているサイトなので、是非みなさんもご覧になってみてください♪

鉄道コムリンクはこちらから↓

鉄道コム

【スポンサーリンク】