Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。


京阪、5ドアやめるってよ

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20201208235831j:plain

2020年12月8日、京阪電鉄の公式リリースで、5000系誕生50周年イベントの開催が発表されました。その中で、5000系の5扉運用を2021年1月29日で終了とすることも発表されており、日本初の5扉車は、半世紀の時を経て、遂に5扉運用の終焉を迎えることになりました。

京阪5000系誕生50周年イベント

京阪電鉄の公式リリースにある通り、京阪5000系は2020年12月で誕生から50周年を迎えます。それに伴い、京阪では5000系のイベントを開催する予定です。

  • オリジナルグッズ販売(12月20日11時~15時)
  • 5000系車両展示&座席昇降実演観覧会(12月20日12時30分~15 時)
  • 5000 系誕生 50 周年記念スタンプラリー(12月20日~2021年1月24日)

グッズ販売と5000系展示&座席昇降実演観覧会はイベント当日の12月20日、スタンプラリーは12月20日から2021年1月24日までの約1ヶ月間実施の予定です。尚、5000系誕生50周年のヘッドマークも2021年1月24日まで掲出予定となっています。

 

詳細は公式PDFをご確認下さい。

5000系誕生50周年記念イベントを開催します(京阪公式リリースPDF)

PDF見れない方はコチラ↓

京阪 5000系 車両展示・座席昇降実演観覧会・5扉運用車臨時列車運転(2020年12月20日~) - 鉄道コム

京阪 5000系誕生50周年記念スタンプラリー(2020年12月20日~) - 鉄道コム

京阪 5000系誕生50周年記念ヘッドマーク 掲出(2020年12月5日~) - 鉄道コム

 

京阪5000系「5ドアやめます」

日本初の多扉車&日本唯一のトリッキー機構

さて、件の京阪5000系は日本で初めて、乗降扉を5か所設けた、いわゆる多扉車として製造されました。車内がどんな感じになっているかというのは、こちらのサイトさんが綺麗な写真を撮影されていますので、是非ご覧になって下さい。

style.design-the-sight.com

この5000系、輸送力がひっ迫していた当時、混雑解消のために開発された車両です。混雑しているのであれば、ホーム長くして車両を増すことで解決できるのですが、架線電圧の都合上、最大7両編成が限界で、8両編成が不可能だった時代でした。で、5000系ではドアを5か所用意して、そのうち2か所のドアをラッシュ用ドアとすることで混雑の解消を図りました。

 

ですが、ちょっと問題が。ドア数を多くすることで、ラッシュ時の混雑は解消されますが、座席が減ります。ラッシュ時はそれで良いのです。ラッシュ時は多くの人を運べばいいですから。しかし、必然的に日中帯の着席数が減ります。このままではラッシュ時専用と揶揄されかねません。そこで京阪の中の人は考えました。

京阪の中の人「座席動かせばええやん」

ドアを使う時は座席を上げて、ドアを使わないときは座席を下げる。なるほど、それは効率的です。そんなわけで「座席昇降機構」を採用しました。ラッシュ時には座席は天井に上げておいて、日中帯の運用時にはラッシュ用ドアを閉鎖し、座席を下ろして来るという機構です。

 

京阪5000系は多扉車を日本で初めて採用し、その後、都市圏では多扉車が多く見られた時期がありましたが、効率的かつトリッキーな構造は、日本のどの鉄道会社も真似することはありませんでした

 

5ドアの終焉

通勤ラッシュの救世主として登場した5000系ですが、その役目も終わりが近づいています。既に廃車になっている編成もあります。どういうことかと言うと、鉄道ファンの方ならご存知だと思いますが、ホームドア設置によるものです。

近年の鉄道各社でもホームドア設置により、多扉車や2ドア車等、通勤車両の標準的なドア数・ドア位置に合わない車両が姿を消し続けています。京阪もホームドア導入を予定しています。京阪は8000系を除く車両が3ドア車なので、ホームドアも3ドア車仕様にする予定です。

 

そうなると、5ドア車両がウリの5000系は5ドアでの運用が出来なくなります。ホームドアは1両当たり3か所にしか設置しませんので、5ドアも必要ありません。ただし、5000系は3ドアの運用も可能ですので、5000系自体は生き残ります。ただ、車齢50年なので、そろそろ引退が近付いているのは間違いありません。

逆にドア数が少ないことで引退となった車両もあります。2ドアの阪急6300系は、クロスシートで定員が他の車両よりも少ない&乗降口が少ないため、ラッシュ時の混雑の原因となり、阪急京都本線全体の遅延を引き起こしていることもあって、京都本線から引退しています。同じ2ドアの京急2100形の場合、ドア位置が3ドア車両の車端側のドアとほぼ同じなので、ホームドアを設置しても車端側のホームドアだけ開く仕様にしています。

 

編集後記

日本で最初の多扉車で、日本で最後の多扉車になった5000系。京阪初のアルミ車両だったり、当時の京阪で主流だった卵型の車体から箱型の車体にモデルチェンジしたりと、多扉車以外の部分でも斬新な車両です。

Twitterフォローもよろしくお願いします^^

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

Style-Train Graphics-様に、当記事を紹介頂きました^^

style.design-the-sight.com

www.stellacreate.comwww.stellacreate.com

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)