Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

長崎新幹線N700Sの6両編成は海外展開の試金石となり得るか?

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20201029204303j:plain

JR九州公式ニュースリリースより

http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/10/28/201028nagasaki_aishou.pdf

JR九州が長崎新幹線の列車名称と導入車両を発表しました。列車名称は「かもめ」、導入車両はN700Sです。この長崎新幹線のN700Sですが、注目すべきは6両編成です。N700Sの短編成化と公式プレスリリースでは明記されており、6両編成でのN700S導入は、今後、N700Sが海外展開を狙うための試金石でもあると言えます。

九州新幹線(武雄温泉・長崎間)新幹線の名称と導入車両が決定!!(公式PDF)

PDF見れない方はコチラ

九州新幹線西九州ルートの列車名は「かもめ」、JR九州 - 鉄道コム

N700S短編成の試金石

N700Sは基本設計をそのまま用いて、16両・12両・8両の編成を組むことが出来ます。同じ基本設計で柔軟に編成を組めるという点をアピールポイントにして海外進出を狙う、新幹線の標準車両と位置付けられて設計されています。

 

長崎新幹線に6両編成を導入し、問題無く運行された場合、「6両編成の新幹線もありますよ。」と海外へアピール出来ます。新幹線車両は非常に高価で、1両あたりも長いため、16両編成で運行しようとすると、製造コストだけでなく、駅舎や車両基地の土地取得・建設工事なども非常にお金がかかります。「新幹線を走らせたいが16両もいらない」という国に対しての選択肢を増やせますので、言わば、長崎新幹線は、海外展開を見据えているN700S短編成の試金石とも言えます。

 

コンパクトな新幹線が海外に増えてくる?

2020年現在、アメリカのヒューストンとダラスを結ぶテキサス・セントラル・レイルウェイがアメリカ仕様のN700Sを導入することを計画しています(2025年開業予定)。明確になっているN700Sの導入計画はテキサス・セントラル・レイルウェイだけですが、1編成あたりの車両数の選択肢が増えると、高速鉄道を計画している鉄道事業者側からすると、新幹線が非常に有力な選択肢となるかもしれません。

 

編集後記

個人的にはJR九州独自の新幹線車両を製造すると考えてましたが、見事に予感は外れました(笑)

今後、N700Sの国内導入が進むのは楽しみですが、N700Sの海外展開も目を向けてみてはどうでしょうか?

長崎新幹線N700Sの話題は色んな方が取り上げていますので、そちらもおすすめです。

「長崎新幹線」の鉄道情報をもっと調べる

Twitterフォローもよろしくお願いします^^

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

 

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)