Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

阪急京都線の車両が神宝線に入れない2つの原因

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20201102231303j:plain

阪急神戸線・宝塚線の車両は阪急京都線に入れますが、その逆、阪急京都線の車両は神戸線・宝塚線に入ることが出来ません。京都線の車両が神戸線・宝塚線に入れない直接的な原因は「京都線と神戸線・宝塚線で車両規格・建築限界が異なる」ということなのですが…

京都線車両が神戸線・宝塚線に入れない原因

阪急京都線の車両が阪急神戸線・阪急宝塚線に入れない原因は2つあります。

  • 車両規格の差異
  • 中津駅の改修工事が不可能に近い

京都線と神戸線・宝塚線で車両規格が異なるのは有名な話です。加えて、大阪梅田~十三間の神戸線・宝塚線に存在する中津駅が京都線車両乗り入れを阻んでいます。中津駅ホームが狭すぎて、京都線車両が入れるための改修工事が不可能に近いからです。

 

車両規格の差異

京都線と神戸線・宝塚線は車両寸法が異なる理由は、成立経緯の違いと、大阪メトロ堺筋線との乗り入れが関係します。

 

京都線車両の方が大きい

阪急神戸線・宝塚線は阪急生え抜きの路線ですが、阪急京都線は元を辿ると新京阪鉄道と北大阪電気鉄道がルーツとなっており、その経緯の違いから、現在も車両規格が異なります。京都線を走る車両は、神戸線・宝塚線の車両よりも少しだけ大きいのです。

形式 全幅 全長
3300系(京都線) 2,809 mm 18,900 mm
5000系(神宝線)
5300系(京都線)
2,750 mm
2,809 mm
19,000 mm
18,900 mm
6000系(神宝線)
6300系(京都線*1
2,750 mm
2,850 mm
19,000 mm
19,000 mm
7000系(神宝線)
7300系(京都線)
2,750 mm
2,800 mm
19,000 mm
18,900 mm
8000系(神宝線)
8300系(京都線)
2,750 mm
2,850 mm
19,000 mm
18,900 mm
9000系(神宝線)
9300系(京都線)
2,750 mm
2,800 mm
19,000 mm
18,900 mm
1000系(神宝線)
1300系(京都線)
2,770 mm
2,825 mm
19,000 mm
18,900 mm

2020年10月時点の形式別の現役車両の全幅と全長です。細かい形式や形式内の差異については省略しています。京都線車両は7300系・9300系・1300系で少しだけスリムになりましたが、それでも神戸線・宝塚線の車両よりも少し大きいです。仮に京都線の車両が神戸線・宝塚線に入ると、駅によってはガリガリガリと音を立てて身を削ることになるかもしれません。

 

堺筋線との乗り入れ規格

実は、一時期、京都線と神戸線・宝塚線で同じ規格の車両が存在していました。1950年に登場した阪急810系(神戸線・宝塚線用)と阪急710系(京都線用)の全幅は2,750mmで共通です。神京・京宝特急として京都線と神戸線、もしくは京都線と宝塚線を直通する特急の運用に就いていた時期もあります。他にも、京都線の2300系が神戸線に所属していた時期もあるなど、京都線の車両が神戸線・宝塚線を走る時期はあったのです。

 

しかし、大阪市営地下鉄(現大阪メトロ)堺筋線と相互直通の開始に伴い、車両規格を堺筋線側に合わせることになります。京都線の3300系以降、京都線の車両は堺筋線への乗り入れ前提とする規格で設計・製造されたため、京都線車両が神戸線・宝塚線に入ることが出来なくなり、現在に至ります。

 

中津駅の改修工事が不可能に近い

堺筋線との乗り入れ規格を取り決めているので、車両規格を変更することは難しいでしょう。でも別の方法を考えて、難局に立ち向かうことで解決することもあります。

かつて、「車両が入れないのであれば、ホームを広くすればいいじゃないか!」というアイデアもあったそうです。つまり、神戸線・宝塚線のホームを少し削ったり、信号機などの運行に必要な建築物を少し移動させて、京都線の車両が入れるようにするのです。なるほど、車両限界を超えるなら建築限界を緩和すれば良いと。それなら京都線車両が入ることが出来ます。しかし、それもダメでした。その原因は中津駅です。

f:id:neko_britannia:20201103104043j:plain

とんでもなく狭い島式ホームで有名な中津駅。どれくらい狭いのか気になる人もいると思いますので、行ってきました。まず、実際のホームを見てみましょう。

f:id:neko_britannia:20201103104515j:plain

狭いです。特に黄色い点字ブロックの間が狭い。ほとんどの人が「黄色い点字ブロックの内側まで…」というアナウンスを聞いたことがあると思いますが、大人1人がギリギリ入れる幅です。もちろん、ベンチなんてありません。

「削るだけでしょ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ホーム削るだけでも事前に準備する必要がありますし、そのための機材・資材を駅に置く必要がありますが、そんなスペースはありません。「機材や資材は駅じゃなくて線路に…」と思うかもしれませんが、線路にもそんなスペースは無さそうです。隣には国道176号線があり、自動車がガンガン走っています。何とか交渉して176号線の一部を工事スペースとして確保するにも、それが出来そうなのは神戸線の中津駅だけ。宝塚線は3複線の真ん中にあるので、万事休すといったところでしょうか。

 

編集後記

京都線は新京阪鉄道がルーツです。京阪の分離独立の際に京都線として阪急に残ったとも、阪急が京阪から奪い取ったとも言われています。立場が変われば見解も変わるものです。その因果により、京都線からは出られない呪縛にかかっているとも一部で噂されています。ですが、その呪縛を作っているのは、実はひょっとすると…?

Twitterフォローもよろしくお願いします^^

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)

 

*1:嵐山線