社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

【スポンサーリンク】

阪急9300系の影響

【スポンサーリンク】

f:id:neko_britannia:20200125152022j:plain

筆者撮影:阪急9300系

阪急京都線専用車両である阪急9300系は、その容姿端麗な外観と高級感のある内装から、一部の鉄道ファンから阪急クイーンとも呼ばれています。「新しい阪急」として登場した9300系はデビュー以降、幾度かの改良を経て、同系統の9000系や1000系・1300系、そしてリニューアル車にも大きく影響を与えています。

阪急9300系

概要

2003年にデビューした京都線の車両です。車両ブランドの1つである日立製作所のA-trainをベースにして製造されました。阪急初のA-Train採用で、9300系以降の車両である9000系・1000系・1300系もA-Trainを採用しています。

日中時間帯に特急、ラッシュ時には通勤特急・快速急行・快速、一部は準急・普通の運用となっています。実質、特急・通勤特急の運用をメインとしており、6300系の置き換え目的で製造された経緯もあり、運用特徴から特急専用車両とする見方もあります。

筆者個人的には特急専用車両と位置付けても良い認識です。と言うのも、特急専用車両として運用されていた6300系の置き換えのために9300系が導入された経緯があります。内装を見るとクロスシートを装備しており、2800系・6300系の後継に位置すると言えます。運用面でもほぼ特急運用です。

デザイン

外観

8000系・8300系の外観、いわゆる「新車顔」を踏襲した車両正面になっています。8000系・8300系は額縁でしたが、風圧が大きく、空気抵抗を受ける、汚れやすいといった問題があったため、額縁部分を改善しています。

行先表示器は8300系増備車後期型と同様に大型のものを採用し、9303F以降の車両はフルカラーLEDの表示器を採用しています。パンタグラフはシングルアームパンタグラフを全編成で採用しており、9000系・1000系・1300系でも全編成で採用されています。

内装

濃い木目調のマホガニー材のデザインと拡大された窓を使用しています。これは阪急5000系リニューアル車から採用されている仕様で、9300系以降の新車及びリニューアル車でも同じ仕様を採用しています。濃い木目調は元々の阪急内装の高級感を一層増す効果も見られ、窓の拡大は車窓景観の向上、特に小さなお子様の目線に合わせて、外の景色を楽しめるように配慮されていると考えられます。

9300系の影響

9000系

9000系は神戸線・宝塚線の車両として、9300系の登場から約3年後の2006年7月31日に神戸線で9000Fがデビューしました。9300系と同じく日立製作所の車両ブランドであるA-Trainを採用しています。9300系の設計思想と同じですが、9300系と比べて車両長が100mm長く、全幅が50mm短くなっており、全席ロングシートです。また、行先表示器はトップナンバーの9000Fから全編成でフルカラーLEDを採用しています。

ほぼ9300系と同じですが、9300系からの改良を行っている点や多少の差異が見られるため、兄弟編成と言っても良いでしょう。

1000系・1300系

2013年に登場した1000系、2014年に登場した1300系も9300系の影響を色濃く受けています。阪急伝統のマルーンは当然のことですが、車両前面は9300系を引き継いだデザインになっており、行先表示器のフルカラーLEDや前照灯のLEDなどが1000系・1300系でも採用されています。また、車両前面の貫通扉の銀縁が無くなり、マルーンの色合いがより強調されています。外観からでも、伝統を守りつつ、新たに変わっていくという阪急の思想を感じ取ることが出来ます。

足回りも9300系で採用されたIGBT-VVVF(9000系は東芝製・9300系は東洋製)を引き続き採用しています。

リニューアル車

9300系の思想はリニューアル車にも影響しています。リニューアルされた7007F・7008F・7320Fは車両前面が9300系とほぼ変わらない様相になりました。ただし、この3編成の車両前面ですが、改装費用が高価らしく、他の7000系・7300系のリニューアル車には採用されていません。

 

鉄道関連記事は鉄道タグからお願いします。

www.stellacreate.com

当ブログは鉄道コムに登録しています。

色々な鉄道情報が集まっているサイトなので、是非みなさんもご覧になってみてください♪

鉄道コムリンクはこちらから↓

鉄道コム

【スポンサーリンク】