Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。


鉄道各社のダイヤ改正の理由を比べてみると…

【スポンサーリンク】

日本地下鉄協会の協会報『SUBWAY 2021.02(228号)』を見ていたら、鉄道各社のダイヤ改正についてズラッと書かれていました。ダイヤ改正の内容をフムフムと頷きながら見ていたのですが、各社のダイヤ改正の理由がなかなか面白いと思ったので、見比べてみました。

鉄道各社のダイヤ改正の理由と効果

ダイヤ改正の内容は『SUBWAY 2021.02(228号)』をご覧になって頂くとして、ダイヤ改正の理由と効果をまとめてみました。

  ダイヤ改正の理由 ダイヤ改正の効果
JR東日本 保守作業時間の拡大 鉄道工事における働き方改革
鉄道設備の設置・保守のスピードアップ
東京メトロ 夜間作業時間の確保による安全性・効率性の向上等 夜間作業を安全かつ効率的に実施
東急 保守点検のための夜間作業に関わる要員の確保
深夜時間帯の利用状況が大きく変化
保守業務に携わる作業員や駅係員・乗務員などの早朝深夜時間帯の働き方が改善
夜間作業を安全かつ効率的に実施
小田急 鉄道メンテナンス体制の持続性を高める(鉄道メンテナンスの担い手不足、安全・防災対策のための工事時間の確保) 鉄道メンテナンスの業務効率の向上
安全・防災対策工事等の工期短縮
担当部門、協力会社における働き方の改善
東武 社会環境の変化への対応
労働環境の改善
輸送サービスの向上
経費節減・効率化
京成 夜間作業時間の確保
利用状況が大きく変化
夜間作業時間の確保
作業員の働き方の改善
京急 労働力不足
夜間における保守作業時間の確保
鉄道係員の労働環境の改善
深夜時間帯の利用状況が大きく変化
保守部門・運転部門の深夜の労務負荷を軽減
京王 深夜時間帯の利用客大幅減
夜間作業時間確保
保守・工事を安全かつ効率的に実
西武 夜間作業のさらなる安全性向上と効率化 保守・工事に従事する係員などの労務環境を改善
保守・工事を安全かつ効率的に実施
埼玉高速鉄道 ??? ???
東葉高速鉄道 ??? ???
横浜高速鉄道
(みなとみらい線)
夜間に実施する保守・工事等の作業時間の確保
利用状況の変化
夜間における作業時間及び安全性を確保

協会報から理由と効果を抜粋したものですので、読む方によって解釈が異なる箇所もあると思いますがご了承下さい。

 

主な理由

保守作業時間の確保

2021年3月のダイヤ改正の主な理由は、夜間における保守作業時間の確保です。保守作業員の減少(厳密に言えば保守作業員のなり手不足)が問題になっていましたが、ようやくメスが入ったということです。

だいたいの企業で労働者不足の問題については遠回しに表現するものですが、京急は「労働力不足」と直球です。

 

利用状況の変化

また、鉄道会社によっては「利用状況の変化」を理由にしているところもあります。変化と書いてますが、変化=減少です。京王は直球で「深夜時間帯は大幅に減少」と書いています。

空気輸送とまでは行かないと思いますが、テレワークの拡大や飲食店の閉店時間が早まったということもあり、深夜帯の利用客は減少しているのが事実です。

 

主な効果

鉄道各社ともに保守・工事の改善を効果としています。小田急が「協力会社」にまで言及しているのはちょっと関心しました。確かに、鉄道会社とグループ会社だけでなく、外部に委託している作業もありますからね。

東武が「経費節減」と言ってるは株主向けでしょうか。今回のダイヤ改正に限っては、経費節減が期待できるかもしれませんが、鉄道事業者が「経費節減になるのでダイヤ改正します!」と言っても、利用者にとって何のメリットがあるのか、いまいちピンと来ない気がします。

 

編集後記

2021年3月のダイヤ改正は今までとは違った感じの内容になりました。コロナが無ければ、鉄道各社が一斉に終電繰り上げにはならなかったのではないでしょうか。災い転じてなんとやらではないですが、少しでも夜間作業の負担が減ることを願いたいと思います。

ご意見ご感想はTwitterまで^^

twitter.com

フォローもお願いします><

鉄道ネタやブログ運営等をつぶやいてます。

関連記事

本ブログの鉄道コム投稿記事はコチラ

鉄道コム投稿記事一覧ページ

最近の鉄道情報

 

今後1週間の鉄道イベント(鉄道コムより)

 

参考資料

協会報 SUBWAY 2021.02(228号)(一般社団法人 日本地下鉄協会PDF)