社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

【MLM】ネットワーカー限定交流会に参加してみた【ネットワークビジネス】

【スポンサーリンク】

筆者は1,000人以上のネットワークビジネスのディストリビューター(ネットワーカー)とアポをしたことがあります。もちろん、それ以外の人ともアポをしたことがあります。ネットワーカー以外のとある人から、「ネットワーカー限定交流会に参加してみませんか」と誘われたことがあります。その人はネットワーカーではありませんが、筆者と同様にネットワーカーとアポをしまくっているのです。そしてネットワーカーを集めて限定交流会をしていると聞いたので参加してみることにしました。

ネットワーカー限定交流会とは

一般的な交流会とは異なり、ネットワークビジネスのディストリビューターであることが参加条件です。ネットワーカー同士で集まって交流しましょうというだけの交流会です。最初はひっそりとやっていたみたいですが、どこかの誰かがネットワーカー交流会を大々的にSNSで宣伝してから、ちらほらとネットワーカー交流会みたいなものが出て来て、主催する人も増えてます。

主催者

主催者はAさん(仮名)で、Aさんはネットワーカーではありません。ネットワークビジネスを初めて聞いた時に、収益構造に疑問を持ったのと、「ネットワーカーの考え方が気持ち悪い」という理由でネットワークビジネスを拒否したそうです。しかし、Aさんは初めて話を聞いてから立て続けにネットワーカーから勧誘され、ネットワーカーの行動の共通点を見つけて、逆に自らネットワーカーを利用しようと思い付いたと言います。

主催者の目的

主催者のAさんはネットワーカーを利用することを思い付いてから、ネットワーカーに会うことを日課にしています。そして、結構な数のリストが貯まって来たタイミングで、ネットワーカー限定交流会をスタートさせたとのこと。そして、その目的は交流会で稼ぐということです。

尚、初回から盛況で、結構な金額を稼いだそうです。ちなみに、普通の思考をお持ちの方ならわかりますが、ネットワーカー限定交流会に行ってネットワーカーが新しい成約を取れることはまず有り得ないです。何故なら、ネットワーカーしか来ないからです。しかしながら、ネットワーカーは変に行動力があるため、ネットワーカー限定交流会に参加するみたいです。Aさんは、ネットワーカーの行動心理を上手く利用して交流会の集客をしています。

ちなみに筆者はネットワーカーではないので、「参加条件を満たしていないのですが」と言ったら「別にいいですよ。無料で来てください。」と言われたので無料で行きました。ちなみに会費は3,000円。飲み物・お茶菓子代と貸スペース利用料を差し引いても、結構な金額になるとのこと。ネットワーカーはここでも搾取されるのですね。

ネットワーカー限定交流会の様子

Aさんから写真はNGと言われたので文章だけとなります。

本当にネットワーカーしかいない

筆者は特別に参加させてもらったので、例外ですが、Aさんと筆者以外はネットワーカーでした。筆者はAさんの友人で限定交流会のお手伝いという建前です。会場の設営、会費の集金を手伝い、それが終わったら後片付けまでネットワーカーに交じって交流です。

リーダークラスのネットワーカーもいる

師匠レベルの人はいませんでしたが、リーダークラスのネットワーカーはそこそこいました。中にはアポした人も数人居て、「あれ?筆者さん、ネットワークビジネスされてるんですか?」と聞かれたので、「今日はAさんのお手伝いで来ています(笑)」と軽く挨拶。

ネットワーカーが限定交流会に参加する目的

参加しているネットワーカーに「紹介者いっぱいいるんですか?」と聞き周ったところ、紹介者0人の人が多いです。紹介者0人で、しかもネットワーカーしかいないのに、何故参加するのかを聞いてみました。

  • 他のネットワークビジネスがどんな製品・サービスを扱っているのか知りたい
  • リスト(見込み客)の集め方
  • リクルートしている(契約まで至っている)方法を知りたい
  • ネットワーカー同士で情報交換したい
  • 高い意識を持って活動している人と繋がりたい

ざっとこんな感じです。紹介者0人のネットワーカー同士が集まっても何も生産性が無いと思いますが、ネットワークビジネスの活動をしているということで承認欲求を得ているのだと思います。

自分の話がメイン

ネットワーカーはどこに行っても自分の話しかしませんが、限定交流会でも自分の話ばかりしているネットワーカーが多いです。参加者は50人くらいいて、筆者は10人くらいの話を聞いて回っていましたが、「師匠が凄い」「アップラインが凄い」「グループの環境が良い」「夢は〇〇だ」という内容ばかりです。相手の話は聞きません。

まとめ

2時間くらいで限定交流会は終了し、筆者は主催者Aさんと一緒に後片付けをして解散しました。限定交流会で「今度一緒にお茶してください」と何人かのネットワーカーに言われて連絡先を交換したネットワーカーもいますが、後日やりとりをしていると、連絡のレスが遅い・何度も予定を変更してくる・アポの約束のはずなのにパーティーに誘ってくる等、まあ底辺ネットワーカーの典型ばかりでした。

主催する側は金銭的に旨味があると思います。しかし、ネットワーカーが参加して意味があるのかと思います。ネットワーカーばかりなのでリクルートするのも難しいと思いますし、リクルートして成約取れるのは一部のリーダークラスの人間だけでしょう。結論としてはネットワーカーは搾取され続けるという限定交流会でしたとさ。