Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

京とれいんが特別料金を取らない理由

阪急唯一の観光特急である「京とれいん」。6300系の「京とれいん」と7000系の「京とれいん雅洛」の2種類が6両編成で運用に就いており、車内は京都の趣のあるコンセプトに仕上がっています。 この京とれいん、阪急以外の鉄道会社であれば予約&特別料金が必…

阪急の表示幕が大型化されたのはいつ頃か

阪急の先頭車両にある種別と行先の表示。この表示幕、9000系・9300系以降の車両は全て大型の表示幕・LED表示器を採用していますが、8000系(8200系含む)・8300系以前に製造された車両には、2つの種類が存在します。細い表示幕と大型の表示幕です。いったい…

阪急の偉い人「7320Fくん、ちょっと」

阪急7300系。1982年に登場した、阪急7000系の京都線仕様の車両です。1980年に製造された7000系とほぼ同じ仕様ですが、7300系の方が製造時期が少し後になったことで、少しだけレベルアップして登場しています。 さて、そんな7300系ですが、登場時から現在まで…

阪急京都線の車両が神宝線に入れない2つの原因

阪急神戸線・宝塚線の車両は阪急京都線に入れますが、その逆、阪急京都線の車両は神戸線・宝塚線に入ることが出来ません。京都線の車両が神戸線・宝塚線に入れない直接的な原因は「京都線と神戸線・宝塚線で車両規格・建築限界が異なる」ということなのです…

【鉄道小話】阪急の通過標識灯はちょっと細かい

私鉄の車両には通過標識灯というものがあります。デザイン的には「目」に相当する箇所にライトがあります。これ、別に遠くを照らすためのライト(前照灯、ヘッドライト)では無くて、通過するかどうかを区別するためのものなのです。 さて、その通過標識灯で…

車体更新で生まれ変わった車両(阪急)

鉄道コムさんで面白そうな記事がありました。 車体更新で誕生 生まれ変わった鉄道車両たち なるほどふむふむと思っったので、車体更新の車両が写っている写真があるか漁ってみました。手元に撮影日不明の阪急の写真があったので、今回は阪急の車体更新につい…

【鉄道写真】阪急大阪梅田駅(2019年11月16日撮影)

筆者撮影:阪急大阪梅田駅 2019年11月に帰省した際に撮影した阪急大阪梅田駅で撮影した写真です。半年近く前の写真になりますが、写真を整理している時に発掘し、せっかくなので載せてみます。

【鉄道概説】阪急京都線

筆者撮影:阪急9300系9300F 今回も阪急をあまり知らない人向けの概説です。 阪急には阪急神戸線・阪急宝塚線・阪急京都線と基幹路線が3つあり、その中でも阪急京都本線は、神宝線(阪急神戸線と阪急宝塚線の総称)とは細かい部分で少し異なり、ある面では少…

阪急ってどんな鉄道?【超概説】(阪急電鉄開業の日に綴る)

筆者撮影:阪急1300系1300F ここ1ヶ月くらいですが、鉄道関係の記事にアクセスが集まっており、多くの方に鉄道記事を読んで頂いています。鉄道関係の記事については、ちょっと難しい概論みたいな内容ばかりでしたので、少し軽めの内容をしたためてみようか…

阪急9300系の影響

筆者撮影:阪急9300系 阪急京都線専用車両である阪急9300系は、その容姿端麗な外観と高級感のある内装から、一部の鉄道ファンから阪急クイーンとも呼ばれています。「新しい阪急」として登場した9300系はデビュー以降、幾度かの改良を経て、同系統の9000系や…