Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

【書評】近代鉄道史の勃興を学べる『渋沢栄一と鉄道』(一部ネタバレあり)

2021年大河ドラマ『青天を衝け』の主人公でもある渋沢栄一は、実に様々な企業に関わっています。その中でも、現在の我々の生活に欠かせない鉄道の設立・経営にも尽力しており、その渋沢栄一と日本の鉄道黎明期にスポットを当てた『渋沢栄一と鉄道』が 2021年…

本当に読んでおきたい渋沢栄一の本5選!自己啓発本は読まなくてOK!何故なら…

大河ドラマ『青天を衝け』の主人公である渋沢栄一に関する書籍は山ほど出ていますが、その中でも「これだけは読んでおきたい!」という本を紹介します。

権力に立てついた若き日の渋沢栄一

渋沢栄一が17歳の時、父の名代で岡部藩の陣屋に出向くことになった時、しかし、そこで待ち受けるのは身分の差と権力を振りかざして理不尽な要求をする代官でした。栄一は、この理不尽な要求に立てつきます。当時ではありえないことでした。

迷信を信じなかった少年時代の渋沢栄一

渋沢栄一は少年時代から農家とは思えないほどの教育を受けており、知識は豊富で、理路整然と話すことが出来る少年でした。父の影響もあってか、迷信というものを信じておらず、修験道者をやりこめたという話があります。

医者の真似をして商売をした渋沢栄一

渋沢栄一は14歳ごろから、父の家業を手伝うようになりました。しかし、栄一が進んで「やりたい!」と言った訳ではなく、栄一が読書三昧で、家業に興味を持たなくなると心配した父が、半ば無理矢理、栄一に家業を手伝わせたのです。 当時14歳で読書好きの栄一…

渋沢家はどの様にして藍玉で財を成したのか

渋沢栄一の父が藍玉の製造と販売で財を成したと言われています。渋沢家の藍玉事業は単に藍玉を作って売るという一口で言えるようなものではなく、現在のメーカーが行っている、仕入れ・製造・販売のシステムを構築して事業を形成していました。

『青淵』という雅号の由来と名付け

渋沢栄一は青淵という雅号があります。文字通り捉えると、「とても深い青い色の川」という意味です。その由来、誰が名付けたのかを紹介します。

とても読書が好きだった渋沢栄一

渋沢栄一は読書が好きでした。家業の手伝いや、剣術の鍛錬なども行っていましたが、読書が好きすぎて叱られるくらい、それはもう読書が好きな青年だったのです。

父に贅沢を戒められた渋沢栄一

渋沢栄一がまだ少年だった時代、父・渋沢美雅(市郎右衛門元助)に贅沢を戒められたことがあります。叔父・保右衛門が江戸に出かける時に、栄一少年がついて行った時の話です。

とても「農家」とは言えない環境で育った渋沢栄一

農民から武士に出世し、明治政府で財政政策を打ち立て、実業家になってからは多くの会社の設立に携わった渋沢栄一。「農民から武士に出世」というと、一発逆転のサクセスストーリーに聞こえますが、実は、とても農家とは言えない環境で育ったのです。