Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

渋沢栄一と西郷隆盛と豚鍋

渋沢栄一が平岡円四郎の命令で、西郷隆盛に会ってくる様に平岡から言い渡されました。西郷隆盛は薩摩藩の有力な藩士でしたので、会うだけでなく、薩摩藩の内情を探るスパイ役としてでした。

京成さん、193億円超の赤字になってしまう(2021年3月期第3四半期決算短信)

京成電鉄が2021年1月29日に2021年3月期第3四半期の決算短信を発表しました。第3四半期の経営状況はというと、他の鉄道会社の例に漏れず、とても苦しい状況です。どれだけ苦しいか、グラフで可視化してみました。

小林一三の空想から生まれた阪急電鉄

阪急電鉄の生みの親である小林一三。独創的な経営手法は、大手私鉄のお手本となり、今日の鉄道事業を中心とした大手私鉄の経営に大きな影響を与えています。小林一三は阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道の経営を引き受けて、私鉄の経営モデルを築き上げ…

実は、直通出来ない時期があった京成3700形3848編成

京成3700形3848編成は、2001年6月にデビューした京成3700形の7次車です。6次車から3700形の仕様が大きく変わり、特徴的な見た目としては、おでこヘッドライトとほっぺた標識灯・尾灯に変更されています。基本的には6次車と同じ仕様の8両編成です。 さて、こ…

阪急9300系9303Fから重量が増えた謎

阪急9300系は、2003年から2010年にかけて製造された、阪急京都線の特急用車両です。6300系の後継車両として8年間で11編成88両が製造され、阪急京都線の主力として活躍しています。さて、そんな阪急9300系ですが、ちょっと不思議な点があります。何が不思議か…

渋沢栄一、スパイになる

一橋家に仕官した渋沢栄一は、平岡円四郎の命令で大阪に出張することになります。表向きは、薩摩藩の築城法の専門家である折田要蔵の内弟子として住み込み、築城技術を身に付けることでしたが、実は密偵(現代で言えばスパイ)も兼ねていました。

一橋家に仕官したころの渋沢栄一

ひょんなことから一橋家に仕官した渋沢栄一。渋沢喜作と共に心機一転で一橋家でのサラリーマン生活が始まります。

京阪3000系 プレミアムカー導入までの受難

2021年1月31日にプレミアムカーを導入し、更なる飛躍が期待される京阪3000系「コンフォート・サルーン」。中之島線のエースとして投入されましたが、最初から順風満帆ではなく、本来の役割から徐々に離れてしまっていました。

一橋家に仕官する渋沢栄一

平岡円四郎のツテで通行手形を貰い、京へ向かった渋沢栄一と渋沢喜作。父から貰った100両は散在したことで、そろそろ財布事情が怪しくなってきます。更に、挙兵計画の一件がきっかけで、幕府の調査が及んでくることになります。

座席数3割超カット!?京急1000形20次車レイアウト考察

京急1000形20次車ではロングシートとクロスシートが転換可能なデュアルシートになっています。京急電鉄公式リリースではレイアウトは発表されていませんでしたが、3ドアクロスシート車両、トイレ設置やフリースペース確保ということもあり、2100形と比べて座…