Web
Analytics

社畜ゲートウェイ

京成・京急を中心に取り上げる阪急ファンのブログです。日本一遅い速報を届けます。

MENU

【スポンサーリンク】

渋沢家はどの様にして藍玉で財を成したのか

渋沢栄一の父が藍玉の製造と販売で財を成したと言われています。渋沢家の藍玉事業は単に藍玉を作って売るという一口で言えるようなものではなく、現在のメーカーが行っている、仕入れ・製造・販売のシステムを構築して事業を形成していました。

混迷極める京急1000形のVVVFバリエーション

京急1000形は2002年から2020年現在、18年という長期間に渡って製造されています。この京急1000形、18年の歳月を経て新技術の導入と改良を重ねつつ製造を続けているため、顔や側面のデザイン・機器構成・車内構造などがバリエーション豊かになっています。そ…

『青淵』という雅号の由来と名付け

渋沢栄一は青淵という雅号があります。文字通り捉えると、「とても深い青い色の川」という意味です。その由来、誰が名付けたのかを紹介します。

とても読書が好きだった渋沢栄一

渋沢栄一は読書が好きでした。家業の手伝いや、剣術の鍛錬なども行っていましたが、読書が好きすぎて叱られるくらい、それはもう読書が好きな青年だったのです。

京とれいんが特別料金を取らない理由

阪急唯一の観光特急である「京とれいん」。6300系の「京とれいん」と7000系の「京とれいん雅洛」の2種類が6両編成で運用に就いており、車内は京都の趣のあるコンセプトに仕上がっています。 この京とれいん、阪急以外の鉄道会社であれば予約&特別料金が必…

2020年に京成で走らなかった幻の列車

2020年は激動の年といっても過言ではありません。感染症の大流行、それに伴う東京オリンピックの中止など、世界的に大きく変化を求められた1年だったのではないでしょうか。そして、京成電鉄でも毎年恒例になっていた列車が、2020年に限っては幻となってしま…

京成金町線の後継車両はどうなるのか

京成金町線には3500形と3600形が運用に就いています。3500形は柔軟な編成を組めることから、延命を繰り返す方法もありますが、いずれは引退します。3600形も然りで、製造から30年以上経過しているため、こちらも延命を繰り返してもいずれは引退です。そうな…

父に贅沢を戒められた渋沢栄一

渋沢栄一がまだ少年だった時代、父・渋沢美雅(市郎右衛門元助)に贅沢を戒められたことがあります。叔父・保右衛門が江戸に出かける時に、栄一少年がついて行った時の話です。

京急1000形ステンレス車がフロントガラスを5分割した理由

京急1000形はアルミ車とステンレス車で前面形状の様相が異なります。アルミ車は600形以降のバルーンフェイスと呼ばれる意匠を踏襲していますが、ステンレス車はワイパーカバーの撤去や塗装が大きく変わった点ですが、フロントガラスの分割枚数にも差異が見ら…

京成・京急は年末年始の終夜運転を取りやめ

2020年12月9日、新型コロナ感染拡大に伴い、四直の京成・京急は終夜運転の取りやめを発表しています。国土交通省及び東京都の要請に基づくもので、首都圏のJR・私鉄各社が終夜運転を一斉に取りやめたものとなります。