Web
Analytics

無職ゲートウェイ

社畜から無職にジョブチェンジしました


【野球】二軍の帝王とは?

二軍の帝王とは、プロ野球の二軍の試合では素晴らしい成績を残すが、一軍では残念な成績の選手。 二軍で好成績なのだが、一軍では残念な成績で二軍に戻ってしまい、また二軍で好成績を残して一軍に上がるが…ということを繰り返し、結果的に二軍で過ごすこと…

【野球】ぐう聖助っ人とは?

ぐう聖助っ人とは、日本のプロ野球に来日する性格の良い外国人のこと。ただし、成績が伴うとは限らない。

2代目AE形・スカイライナーの第9編成はお荷物になってしまうのか?

成田スカイアクセス線の開業と同時にデビューした、2代目AE形・スカイライナー。デビュー時に8編成が製造されましたが、2019年に追加で1編成が新造されました。 インバウンド需要に対応するためのスカイライナー増備でしたが、新型コロナの影響で成田空港の…

ハム太郎にみる現代日本の末路

とっとこハム太郎というアニメ、これ、現代日本の末路を示しているのではないかと個人的に考えています。

東武のフラッグシップ特急計画が実現していたら、東武特急はどうなっていたのか?

2017年に東武鉄道から発表されたフラッグシップ特急計画。2020年度の中長期計画の終了で、幻になってしまいました。 ただ、観光需要が回復しない中での東武の決断なので、もし、観光需要が回復してフラッグシップ特急計画が実現に動き出した場合、東武特急の…

阪急京都線・千里線が将来的に全編成8両になる可能性は?

阪急京都線と千里線において、1編成7両と1編成8両の車両が混在しています。シンプルに考えれば、全て8両編成固定にする方が、柔軟なダイヤを組める気もしますが、ところがどっこい、そう簡単に物事は進みません。 今回は、阪急京都線と千里線において、どう…

京成八幡駅に優等種別が停車する理由は?

京成本社のある京成八幡駅。シンプルな島式1面2線のホームは、どこの鉄道会社でも見られる構造です。一見すると普通のどこにでもある駅に思えますが、実はこの京成八幡駅、現在、京成本線を走る、モーニング・ライナーとイブニング・ライナー以外の全ての種…

京急が下枠交差型パンタグラフを採用しなかった理由は?

京急のパンタグラフに注目すると、1500形・600形3次車までは菱形パンタグラフで、600形4次車・2100形以降はシングルアームパンタグラフを採用しています。 あれ?下枠交差型は?と思った方が少なからずいらっしゃるかと思います。少なくとも私はそう思いまし…

【ガンダム】SEEDシリーズのG.U.N.D.A.M.というOS

『機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』にガンダムのデザインのモビルスーツは登場しますが、厳密にガンダムという名称のモビルスーツは存在しません。

京成で4両編成が製造される日は訪れるのか?

3100形の導入がしばらくは続きそうな京成ですが、そろそろ限界を迎えそうな車両が存在します。4両編成の車両です。金町線を走る3500形と3600形(ターボ君)は車齢も高く、車内外ともにかなり年季が入っています。 そんな京成に、4両編成が製造される可能性が…

負け運とは?

負け運とは、パワプロ(実況パワフルプロ野球)の特殊能力のこと。

もし、セゾンが西武から分離独立してなかったら、HULFTが生まれて無かった説

西武鉄道と国土計画を中心としたかつての西武グループ。そこから西武百貨店を中心とした流通関係の会社が分離独立し、西武鉄道と国土計画を中心とした西武鉄道グループと、西武百貨店を中心とした西武流通グループが誕生します。 西武流通グループは後にセゾ…